Not Available in Your Country
Microscope optical principle - Basic configuration

顕微鏡の構成と仕様 ~顕微鏡の基本構成~ 


顕微鏡の基本構成
1-1.顕微鏡の光学系

光学系とは、光の性質を利用して物体の像をつくる機能のまとまりである。レンズ、ランプ、反射ミラーなどの組合わせで構成されている。
顕微鏡の基本機能と構成は次のとおりである。図1と照らし合わせて、顕微鏡の構成を理解しておこう。
これら基本機能の中で特に基本となる顕微鏡の光学系は、対物レンズ、接眼レンズ、照明系(コンデンサ、絞り、光源、フィルタ)、鏡筒の4つである。

基本機能 基本機能構成
標本を照明する ランプハウス(ランプ、コレクタレンズ)、フィルタ、視野絞り、開口絞り、コンデンサ
標本を載せ、観察箇所を決める ステージ(クレンメル、クリップ)、プレパラート(スライドガラス、カバーガラス)
標本にピントを合わせる 焦準装置(粗動ハンドル、微動ハンドル)
標本の拡大像をつくる レボルバ(対物レンズ・開口数)、鏡筒(接眼レンズ・視野数)
観察・記録する 撮影鏡筒(撮影レンズ、アダプター)、撮影装置(銀塩カメラ、デジタルカメラ、テレビカメラ)、描画装置

図1 顕微鏡光学系の例(正立型顕微鏡)
図1 顕微鏡光学系の例(正立型顕微鏡)


チェックポイント

  • 顕微鏡の光学系とは、標本を照明し、その像をつくる機能のまとまりである。レンズ、ランプなどによって構成されている

Sorry, this page is not
available in your country.

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK