Life Science Solutions
共焦点レーザーイメージング
X Line + 共焦点レーザー走査型顕微鏡 FV3000

高開口数による、より明るく高解像な
共焦点イメージング


40倍で世界最高レベルのNA1.40を実現した新開発のUPLXAPO40XOは弱い励起光でも明るく観察できるため、蛍光褪色や生細胞への光毒性を最小限に抑えることができます。またFV3000の光学ズーム機能を使うことによって、対物レンズを交換することなく100倍対物レンズ相当の観察までを行うことが可能となり、イメージングワークフローの効率が向上します。
高倍のUPLXAPO60XO(NA1.42)やUPLXAPO100XO(NA1.45)もそれぞれNAが向上し、さらにFV3000の超解像イメージングソフトウェアFV-OSRを用いれば、分解能約120nmの高分解能を実現します。

FV3000の詳細はこちら

Efficient Experiments

画像周辺部の比較(60X油浸対物レンズ)画像周辺部の比較(60X油浸対物レンズ)
画像周辺部の比較(60X油浸対物レンズ)

すみずみまで高精細な共焦点画像

新開発のUPLXAPOシリーズは開口数だけでなく、フラットネスも向上しました。さらに色収差補正の波長範囲が400nmまで拡張され、視野周辺まで高精細で信頼性の高い共焦点画像が取得できます。

信頼性の高い画像処理・定量解析

405nm励起でも視野全体で均質でより精度の高い画像を提供します。例えばDAPIで染色した細胞の共焦点画像での核の計数など、正確さが求められる定量分析の際に有効です。周辺部に存在する核まで正確に認識することができます。

Comparison of 60x objective
*中心の矢印を左右にドラッグして画像が比較できます。
左:一般的な対物レンズ / 右:X Line
左:一般的な対物レンズ / 右:X Line


Fucci2トランスジェニックマウスの脳切片 FV3000で撮影した12X12の貼り合わせ画像
シアン:DAPI(405nm) マゼンタ:mCherry (561nm)
標本制作、画像の取得・提供にご協力賜りました先生:理化学研究所 脳神経科学研究センタ― 細胞機能探索研究チーム 小暮貴子先生、宮脇 敦史先生

 

効率的な高精細貼り合わせ画像

フラットネスの向上により、405nm励起を含む幅広い波長領域においても、高いズーム倍率を使用する必要がなく、高精細な貼り合わせ画像が得られます。より広視野の画像を貼り合わせに使えるため、画像取得時間を短縮できます。

信頼性の高いマルチカラー画像

波長領域400-1000nmでの広範囲な色収差補正により、従来と比べ位置精度の高いマルチカラー蛍光画像を取得することが可能です。これにより、コロカライゼーション解析などにおいて信頼性の高いデータを得ることができます。

1枚目:TetraSpeckTM Microspheresを用い、共焦点レーザー走査型顕微鏡FLUOVIEW FV3000で測定した色収差の例
シアン:405nm励起、マゼンタ: 640nm励起
2枚目:HeLa cell labeled by FISH technique  CEP17(Spectrum Green), CEP18(Spectrum Orange), Nuclear (DAPI)
従来の対物レンズでは、本来は細胞下部に位置しているシグナルが、細胞の外にあるように見えます。
*画像端の矢印をクリックして画像の切り替えができます
軸上縦色収差
軸上縦色収差
左:従来の対物レンズ / 右:X Line
左:従来の対物レンズ / 右:X Line

関連製品

FV3000

FV3000

  • ガルバノスキャナーのFV3000とガルバノ/レゾナントのハイブリットスキャナーのFV3000RS
  • 高感度・高精度のTruspectral分光検出器
  • 新開発マルチチャンネルモードによる16チャンネルのアンミキシング

詳細はこちら

バナー画像:Thy1-YFP-Hマウスの固定脳スライス(厚さ1mm)
      ChemScale法によりDAPI染色および透明化したのち、SCALEVIEW-SMtに浸潤しマウント FV3000にてUPLXAPO60XO(NA1.42)で撮影したMIP画像
      シアン:DAPI(405nm)、黄色:YFP(488nm)
標本制作、画像の取得・提供にご協力賜りました先生:理化学研究所 脳神経科学研究センター 細胞機能探索技術研究チーム 星田哲志 先生、濱裕 先生、宮脇敦史 先生

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。