Not Available in Your Country
新着情報

2015年 11月 02日

鮮明な観察像と優れた操作性で、細胞培養を効率よくサポート:培養顕微鏡「CKX53」を新発売

オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、科学事業の新製品として、鮮明な観察像と優れた操作性で細胞培養を効率よくサポートする培養顕微鏡「CKX53」を、2015年12月2日から世界で順次発売します。

再生医療・創薬の分野では、iPS細胞をはじめとした幹細胞や各種細胞を継続的に培養し、さまざまな研究に利用しています。細胞培養の過程では、生きている細胞の観察に適した倒立顕微鏡を用いて、細胞の成長を定期的に確認したり、必要に応じて細胞を撮影します。当社は、高機能で高い拡張性を備える主力モデル「IX3シリーズ」と小型・軽量で手軽に観察できる「CKXシリーズ」を展開してきました。

今回発売する培養顕微鏡「CKX53」は、「CKX41/CKX31」の後継機で、13年ぶりのフルモデルチェンジです。これまでの優れた光学性能を継承しつつ、新位相差観察システム※1やLED光源の採用により、より鮮明な観察像と迅速な観察を実現しました。また、従来比約2割の軽量化や操作性の向上を図るなど、より効率的な細胞培養をサポートします。

※1 位相差観察とは、光が波である特性を利用して、無色透明の細胞に明暗のコントラストをつけて観察する方法です。細胞へ染色をしないため、細胞のダメージを低減できる有効な観察方法として広く普及しています。

●発売の概要

【商品名】 培養顕微鏡「CKX53」
【発売日】 2015年12月2日

●主な特長

  1. 細胞観察に適した色合いのLED光源を搭載し、色再現性の良い観察像を提供
  2. 小型・軽量ボディーと、スムーズな操作性を実現
  3. スライダーの切り替えが不要な新位相差観察システムにより、迅速な細胞観察をサポート

クリーンベンチ内で作業する様子

培養顕微鏡「CKX53」


培養顕微鏡「CKX53」の詳細はこちら

 一覧に戻る

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

This site uses cookies to enhance performance, analyze traffic, and for ads measurement purposes. If you do not change your web settings, cookies will continue to be used on this website. To learn more about how we use cookies on this website, and how you can restrict our use of cookies, please review our Cookie Policy.

OK