Life Science Solutions

超解像蛍光イメージング用蛍光タンパク質開発の進展

Loading the player…

Webinar: Advances in fluorescent protein development for super resolution fluorescence imaging

過去20年間の超解像イメージング技術のための蛍光タンパク質の開発および進歩は、光学的標識である蛍光プロテイン開発を牽引してきた超解像イメージング技術の進歩に伴う、非常に興味深いものです。

蛍光タンパク質が、好ましくない動きや奇妙な挙動を示すという事例が多数見られます。これらの経路の中にはイメージング技術にとって問題となるものがある一方で、挙動の一部は有用であり、光学的標識としての蛍光タンパク質の開発に活用されてきました。

このオンラインセミナーで、蛍光タンパク質の挙動における一般的な3タイプ—フォトアクチベーション、フォトスイッチング、フォトコンバージョン—がどのように開発され、蛍光タンパク質開発に活用されたかを学ぶことができます。

プレゼンター:

George H. Patterson氏、
研究者
NIBIB、NIH

超解像蛍光イメージング用蛍光タンパク質開発の進展

超解像蛍光イメージング用蛍光タンパク質開発の進展

過去20年間の超解像イメージング技術のための蛍光タンパク質の開発および進歩は、光学的標識である蛍光プロテイン開発を牽引してきた超解像イメージング技術の進歩に伴う、非常に興味深いものです。

蛍光タンパク質が、好ましくない動きや奇妙な挙動を示すという事例が多数見られます。これらの経路の中にはイメージング技術にとって問題となるものがある一方で、挙動の一部は有用であり、光学的標識としての蛍光タンパク質の開発に活用されてきました。

このオンラインセミナーで、蛍光タンパク質の挙動における一般的な3タイプ—フォトアクチベーション、フォトスイッチング、フォトコンバージョン—がどのように開発され、蛍光タンパク質開発に活用されたかを学ぶことができます。

プレゼンター:

George H. Patterson氏、
研究者
NIBIB、NIH

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。