Life Science Solutions

多光子観察法を用いた深部イメージング

Loading the player…

Webinar: Strategies for Deep Imaging with Multiphoton Microscopy

多光子観察では、生物標本の深部の高解像3D画像を撮影します。この技術が持つ複数の利点の中でも、生体細胞の深部イメージング部位へのアクセス性が、多光子顕微鏡法を選択する主な動機であることが多いことでしょう。 このウェビナーでは、多光子顕微鏡法の基本原理の一部を取り上げ、これらの原理が、散乱が大きい標本の透過深度を最大化するための方法をどのように提供できるのかを見ていきます。

プレゼンター:

Carlo Alonzo氏
多光子顕微鏡法部門アソシエイトプロダクトマネージャー
オリンパス

多光子観察法を用いた深部イメージング

多光子観察法を用いた深部イメージング

多光子観察では、生物標本の深部の高解像3D画像を撮影します。この技術が持つ複数の利点の中でも、生体細胞の深部イメージング部位へのアクセス性が、多光子顕微鏡法を選択する主な動機であることが多いことでしょう。 このウェビナーでは、多光子顕微鏡法の基本原理の一部を取り上げ、これらの原理が、散乱が大きい標本の透過深度を最大化するための方法をどのように提供できるのかを見ていきます。

プレゼンター:

Carlo Alonzo氏
多光子顕微鏡法部門アソシエイトプロダクトマネージャー
オリンパス

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

関連製品
多光子励起レーザー走査型顕微鏡

FVMPE-RS

  • TruResolution対物レンズにより、深部イメージング画像の明るさと解像度を最適化
  • レゾナントスキャナーの採用による高速イメージング
  • IR多光子励起波長を最大1300nmまで拡大
  • 多光子/可視光レーザー刺激のためのトリプルスキャナーオプション
  • 1600コーティングを採用した多光子専用対物レンズとスキャンユニットで高効率な検出を実現
  • IRレーザー光の4軸自動アライメント