Life Science Solutions

BHシリーズ

偏光顕微鏡、位相差顕微鏡、透過微分干渉顕微鏡、簡易透過蛍光顕微鏡…。さまざまな仕様の顕微鏡に変身するシステム顕微鏡、BHシリーズの登場は、昭和49年(1974年)です。
従来のE鏡基、F鏡基シリーズやPOS、POMなどは、仕様や用途が限定された専用機種でした。これに対して、BHは、1台の鏡基を持っていれば、鏡筒やレンズなどのユニットを換えるだけで幅広い観察が可能です。また、ステージの上下左右の位置合わせがしやすい「ステージ共軸左下ハンドル」をはじめて搭載。
研究、検査用のBHAとBHB、検査、実習用のBHCが発売されました。BHは、後にBH2、BXへと発展します。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。