Life Science Solutions

DP71

DP71は、平成18年(2006年)の発売です。
CCDを冷却することで低ノイズ化。微弱な蛍光を鮮明に捉え、高精細な蛍光写真を撮影することができます。CCDは141万画素ながら、「画素ずらし技術」によって1250万画素相当の高精細化が可能。測光方式はスポット測光、30%/1%/0.1%の切り替えが可能です。
35mmフィルムカメラでは難しかった顕微鏡撮影を、デジタルカメラがやさしく手軽なものに変えました。銀塩からデジタルへ。画質においても、使い勝手の良さにおいても、世代交代の時期を迎えました。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。