Life Science Solutions

Discovery Blog

海、臓器、自然:2021年6月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
2021年6月の顕微鏡画像

6月に注目された顕微鏡画像は、海と大自然、そして臓器に至るまで、皆さんお気に入りの被写体を映し出しています!実際に見てみましょう。

ケンミジンコの幼生拡大表示されたケンミジンコの幼生

6月の上位人気画像には、当然のように、Håkan Kvarnström氏のシリーズ「Exploring the Microscopic World with X Line Objectives(X Line対物レンズによる顕微鏡の世界の探索)」からの1枚が選ばれました。これは、ケンミジンコの幼生。大きさは約0.1mmです。非常に高効率なハンターとして知られるこの生き物は、強い脚(触覚)を使って獲物に飛びつき、50ミリ秒以内に殺してしまいます!非常に素早い生き物で、攻撃の際または大きな敵から逃げる際には、1秒間に体長の100倍の速さで移動します。寿命の後半には、これらの幼生は成虫のサイクロプス(カイアシ)に成長します。

拡大画像を見れば、「筋肉」と触覚の強さがわかります!それほど早く動けることに疑問の余地はありません。本物(?)のサイクロプスと同じように、体の正面中央に赤い目が1つ付いています(光受容器官)。

説明文および画像提供:Håkan Kvarnström氏。オリンパスBX51顕微鏡に10倍のX Line対物レンズとDICを組み合わせて撮影されました。


緑藻類

この目を見張るような画像は、2種類のチリモを映し出しています。ハタヒモとアワセオオギです。淡水に最もよく見られ、この種類の緑藻類では約5,000~6,000種が存在します。

画像提供:Marek Miś氏


テグーの胃腸管の組織染色したもの

パレイドリアとは、実際は抽象的に映っているものに対して、意味のある解釈を加えてしまう人間の錯覚で、物体、模様、顔に見えたりします。この画像は、ハートの絵に見えるかもしれませんが、実はテグーの胃腸管の組織染色したものです!テグーは、中南米原産の大型のトカゲで、その大きさと捕食性で知られています。

画像提供:Kate Murphy氏。オリンパスBX40顕微鏡で撮影されました。


クラゲ貝サンゴ礁渦鞭毛藻類オレンジ色の縞模様の緑のイソギンチャク

6月8日は世界海洋デーです。水に関する画像をセレクトして、海が地球と地球に住む生物にとってどんなに重要かを祝福したいと思います。地球の70%超を占める海は、何十万種もの生物を育む家であり、地球の酸素の50%以上を産生します。私たちにとって海は必要です。しかし、もっと重要なことは、海を守り保存していくために、海にとって私たちの力がこれまで以上に必要だということです。

プラスチック製品のリサイクルや使用制限に加え、エネルギー消費量を制限したり、地域の海岸清掃に参加したり、海を守る活動をしている組織をサポートしたりすることで、海に対する悪影響を減らすことができます。

画像(左から右):クラゲ(画像提供:Alvaro Migotto博士)、貝殻(画像提供:Håkan Kvarnström氏)、サンゴ(画像提供:James Nicholson氏)、渦鞭毛藻(画像提供:Jan Michels氏)、オレンジ色のストライプの入ったミドリイソギンチャク(画像提供:Damon Tighe氏)。


コバチノミ貝殻甲殻類の爪サクラランサルオガセ

6月20日で北半球は本格的な夏を迎えました。そこで、季節の兆しが感じられるいくつかの拡大画像を取り上げました。昆虫や這い回る虫、海岸で見かける海洋生物、芽吹いていく花や植物に対する反応は人によって様々ですが、顕微鏡レベルで見たとき、これらはすべて美しく見えると言えるでしょう。

画像(左から右):コバチ(画像提供:Spike Walker氏)、ノミ(画像提供:Robert Zucker博士)、貝殻(画像提供:Håkan Kvarnström氏)、甲殻類の爪(画像提供:Christian Sardet博士)、サクララン(画像提供:Oleksandr Holovachov氏)、サルオガセ(画像提供:Viktor Sýkora氏)。


このような画像をさらにご覧になるには、@olympuslifescienceのインスタグラムをフォローしてください!

皆さまご自身の画像をシェアしてみませんか?画像投稿サイトをご覧ください。

関連コンテンツ

虫と脳:2021年5月の上位人気の顕微鏡画像

Avalonさんは、ワムシを研究するための夢のような顕微鏡に出会いました

「神経の庭園」芸術と科学-2019年IOTYグローバル最優秀賞受賞者の紹介

マーケティング・コミュニケーション、マネージャー

Kerry Israel氏は、Olympus Corporation of the AmericasのScientific Solutions Groupのライフサイエンスのマーケティングおよびコミュニケーションのマネージャーです。Brandeis Universityで文学士号を取得し、広告・ソーシャルメディア戦略からグラスルーツアウトリーチまで、マーケティングのすべての側面で15年を超える経験を有しています。

2021年7月13日
Sorry, this page is not available in your country
InSight Blog Sign-up
You will be unable to submit the form unless you turn your javascript on.

By clicking subscribe you are agreeing to our privacy policy which can be found here.

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。