Life Science Solutions

実体顕微鏡

オリンパスの実体顕微鏡は、広いズーム比と高い開口数(NA)により、3次元のイメージングを実現しています。オリンパスの実体顕微鏡は、高度な光学系による優れた画質、機能性の向上、人間工学に基づいた様々なアクセサリーにより、ライフサイエンス研究や生物学において、サンプルの選択、解剖、操作を行う際に、より簡単かつ快適に使用することができます。

オリンパスの実体顕微鏡は、広いズーム比で自然な見え方を実現したルーチン使用に適したスタンダードモデルから、さらにワイドなズーム比で高解像度を実現し、高度な蛍光イメージング機能を備えたハイエンドモデルまで、幅広い用途に対応しています。

さらに、LED 透過照明架台はカートリッジ交換式を採用しており、サンプルに適した観察法やコントラストを柔軟に選択・調整することができます。

メールでのお問い合わせ 

実体顕微鏡

リサーチ向け実体顕微鏡

SZX16

 
  • クラス最高レベルの光学性能
  • 超ワイドズーム比 (16.4:1) と高解像の両立を実現
  • リサーチ向け蛍光観察に最適
リサーチ向け実体顕微鏡

SZX10

 
  • さまざまな用途に柔軟なシステムを構築可能
  • ワイドなズーム比 (10:1) と高い色再現性
  • 一般的な蛍光観察が可能
実体顕微鏡

SZX7

 
  • コストパフォーマンスモデル。
  • ワイドなズーム比 (7:1) と高い色再現性
  • モジュール化デザインで最適なシステムを構築
コンパクト実体顕微鏡

SZ61

 
  • 省スペースモデル
  • ワイドなズーム比 (6.7:1)
  • LED照明搭載

 をブックマークしました。

ブックマークを表示   閉じる

Maximum Compare Limit of 5 Items

Please adjust your selection to be no more than 5 items to compare at once

実体顕微鏡のよくあるご質問

実体顕微鏡とはどのような顕微鏡ですか?

実体顕微鏡は、複式顕微鏡とは異なり、光路が1本ではなく2本あるのが特徴です。実体顕微鏡の2つの接眼レンズは、2つの異なる角度から試料の像を転写するため、立体的に見え、卵や胚のような厚みのある試料の奥行きや大きさを認識することができます。

実体顕微鏡を低倍率で使用すれば、肉眼では小さくしか見ることのできない被写体を高品質で立体的に観察することができます。ライフサイエンス分野の実体顕微鏡では、昆虫や植物などが主な観察対象として挙げられます。また、生物の解剖作業に役立つことから、「解剖顕微鏡」と呼ばれることもあります。

実体顕微鏡はどのように使用するのですか?

実体顕微鏡の使い方は比較的簡単です。観察する試料をステージプレート上に置き、生きている試料であれば、ガラスのシャーレに入れておきます。観察するには、まず実体顕微鏡の光源にスイッチを入れ、接眼レンズを調整して、適切に観察できるようにします。正立顕微鏡または倒立顕微鏡のように各倍率の対物レンズを交換することなく、ズームを調整することで低倍率から高倍率までシームレスに観察することができます。

実体顕微鏡に関連したコンテンツ

オリンパスの実体顕微鏡:快適な使用方法

このインフォグラフィックは、オリンパスの実体顕微鏡シリーズの人間工学的デザインを詳しく紹介しています。

インフォグラフィック

ダウンロード (PDF 87.4 KB)

インフォグラフィック

コントラストの柔軟な調整による偏光観察の最適化

LED透過照明架台では、コントラストレベルや光・影の角度・大きさを独立して調整することで、最適な観察が可能です。詳細はアプリノートをご覧ください。

コントラストの柔軟な調整による偏光観察の最適化

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

ご質問や見積もり依頼はこちらから

メールでのお問い合わせ