Life Science Solutions

深部組織浸透のための多光子観察法

Loading the player…

Webinar: Multiphoton Microscopy for Deep Tissue Penetration

科学者たちは、顕微鏡を使って微生物を初めて見たときから、より高度な分解能で未知の細部を探る方法を模索してきました。分解能の限界を超えるという科学および工学における画期的なイノベーションにより、多様な生物、組織、細胞、タンパク質およびプロセスを画像に捉えることができるようになりました。今では、多くの研究者が細胞およびその機能を自然環境の中で探索したいと考えています。

このウェビナーでは、Chris Xu博士に、多光子観察法を用いて脳の深部を精査する最新の研究について講義していただきます。博士には、そうした技術に対するニーズと、博士とそのチームがアプローチの開発において克服してきた課題について振り返っていただくとともに、深部のイメージングによって何が達成されるかをご説明いただきます。

このウェビナーでは、以下について学びます。

  • 研究者にとって深部組織イメージングがなぜ必要なのか?
  • 組織の深部を精査する際の課題
  • これらの課題の解決に、組織の調製法がどのように役立つのか
  • 深部イメージングを達成するための顕微鏡法技術および計装について
  • マウスの脳の深部についての最新の研究事例

また、博士には、多光子観察法を用いた深部イメージングに最適なアプリケーション、あなたの研究施設にそのアプローチを導入するために必要な装置とステップ、そして深部イメージング研究での疑問点を追求するための協力体制を確立する方法についてもご説明いただきます。

プレゼンター:

Chris Xu博士、
コーネル大学

深部組織浸透のための多光子顕微鏡法

深部組織浸透のための多光子顕微鏡法

科学者たちは、顕微鏡を使って微生物を初めて見たときから、より高度な分解能で未知の細部を探る方法を模索してきました。分解能の限界を超えるという科学および工学における画期的なイノベーションにより、多様な生物、組織、細胞、タンパク質およびプロセスを画像に捉えることができるようになりました。今では、多くの研究者が細胞およびその機能を自然環境の中で探索したいと考えています。

このウェビナーでは、Chris Xu博士に、多光子観察法を用いて脳の深部を精査する最新の研究について講義していただきます。博士には、そうした技術に対するニーズと、博士とそのチームがアプローチの開発において克服してきた課題について振り返っていただくとともに、深部のイメージングによって何が達成されるかをご説明いただきます。

このウェビナーでは、以下について学びます。

  • 研究者にとって深部組織イメージングがなぜ必要なのか?
  • 組織の深部を精査する際の課題
  • これらの課題の解決に、組織の調製法がどのように役立つのか
  • 深部イメージングを達成するための顕微鏡法技術および計装について
  • マウスの脳の深部についての最新の研究事例

また、博士には、多光子観察法を用いた深部イメージングに最適なアプリケーション、あなたの研究施設にそのアプローチを導入するために必要な装置とステップ、そして深部イメージング研究での疑問点を追求するための協力体制を確立する方法についてもご説明いただきます。

プレゼンター:

Chris Xu博士、
コーネル大学

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

関連製品
多光子励起レーザー走査型顕微鏡

FVMPE-RS

  • 自動球面収差補正機能付き対物レンズによる高解像と高コントラスト
  • レゾナントスキャナーの採用による高速イメージング
  • IR多光子励起波長を最大1300nmまで拡大
  • 多光子/可視光レーザー刺激のためのトリプルスキャナーオプション
  • 25XMPE対物レンズおよび、1600nm対応のコーティングを採用したスキャンユニットにより、高感度を実現
  • IRレーザー光の4軸自動アライメント