Life Science Solutions

Discovery Blog

国境を超えた共同研究:がん研究促進に向けて医療施設が協力

著者  -
がん研究センターのインターコンチネンタルアライアンス提供の合成写真

がんとの闘いにおいて、医療センターは、互いに独立して連携せずに活動することはありません。シッダールタ・ムカジーが「病の皇帝」と名付けたことが広く知られるこの病気との闘いでは、研究や事例の共有、さらに試験への参加が欠かせません。

がん研究センターのインターコンチネンタルアライアンス

医療センターや大学の共同研究は、市や州の境を越え、さらに異なる国の医療センター同士が協力し合うことも頻繁にあります。例えば、オハイオ州クリーブランドのケース・ウェスタン・リザーブ医科大学およびテキサス州ヒューストンのMDアンダーソンがんセンターと、ペルーのリマの国立腫瘍性疾患研究所(National Institute for Neoplastic Diseases(INEN))との交流協定などがあります。

がん共同研究

姉妹研究所で専門知識、研究、資源を交換

これらの姉妹センターは、それぞれのノウハウを共有し、共同で研究および科学的取り組みを行うことに合意しました。例えば、INENの医療研究所長であるカルロス・カスタネダ・アルタミラノ博士は現在、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のアナント・マダブシ博士と、人工知能(AI)に基づく、悪性度の高いがんであるトリプルネガティブ乳がん(TNBC)分類の共同開発を行っています。

オリンパスは、これらの共同研究の支援ができることを光栄に思います。例えば、オリンパスのBX63蛍光顕微鏡が、現在この研究を進めるために使用されています。カスタネダ博士は、BX63顕微鏡を使ってヘマトキシリンとエオシン(HE)で染色された標本をスキャンし、時には1テラバイトにもなるその画像をケース・ウェスタン大学と共有します。カスタネダ博士らの希望は、細胞パターンの自動分類とそれらを確立したリスクカテゴリーへの関連付けを構築することです。

がんと闘うアライアンス

がん研究前進のための協力という精神から、医療センターは複数の機関と共同研究を行います。例えば、MDアンダーソンは中南米の他の医療センターとも姉妹契約をしています。その医療センターには、Hospital de Cancer de Barretos (ブラジル)、Clinica Alemana de Santiago(チリ)およびInstituto de Cancerologia—Clinica de las Americas(コロンビア)などがあります。これらの共同研究は、がん撲滅の探求における新たな発見の促進に不可欠です。

関連コンテンツ

BX63正立顕微鏡

Senior Manager

Laz Amador氏は、OCAのナショナルアプリケーションチームのシニアマネージャーです。顕微鏡のセールスで36年の経験を持ち、1988年からオリンパスに在籍しています。アプリケーションチームに加わる前は、Olympus Latin Americaのテクニカルマーケティングの執行役員でした。フロリダ州ウエストンに奥さんのJanさんと暮らしています。

2019年12月17日
Sorry, this page is not available in your country
InSight Blog Sign-up
You will be unable to submit the form unless you turn your javascript on.

By clicking subscribe you are agreeing to our privacy policy which can be found here.

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。