Evident LogoOlympus Logo

Ask the Experts

複数の細胞内構造体に対するナノスケールの3Dイメージング

このウェビナーでは、Nicolas博士が、サンプルの単一分子画像を、高品質で信頼性が高く分かりやすい15 nm分解能の3Dイメージングで取得するのが、いかに速く簡単であるかを解説してくれます。 サンプル調製からデータ解析まで、イメージングワークフロー全体を見ていきながら、単一分子局在化顕微鏡法(SMLM)コミュニティによって実現したことや、よくある誤り、Abbelight社のツールによってイメージングと解析がどのように容易になるか明らかにします。

講師:

Nicolas Bourg博士 (Abbelight社最高技術責任者および共同創立者)

よくある質問

ウェビナーFAQ | 複数の細胞内構造体に対するナノスケールのイメージング

3Dマルチカラーのナノスケール顕微鏡画像を取得するにはどれくらい時間がかかりますか?

スペクトル分離法とは3色画像の取得を意味し、通常は標準的な視野(約50 × 50 µm)の3D画像の場合に1分未満、より大きな視野(150 × 150 µm)の場合に数分かかります。

ナノスケール顕微鏡法用構造体の調製はどれくらい難しいですか?

サンプル調製では、固定液(PFAなど)の濃度変更や抗体濃度の増加など、標準的な調製手順を少し変えま す。 いつもの手順を微調整するだけで構いません。 必要な場合は、Abbelightチームがお手伝いします。

マルチカラー撮像の色収差とサンプルドリフトにはどのように対処しますか?

スペクトル分離法では、647 nm、660 nm、680 nmなど2、3個の遠赤外チャンネルでの同時イメージングが可能です。 3つの色は波長内で近接しているため、この手法では色収差が起こりません。

サンプルドリフトはデータ収集中に常にリアルタイムで計算されて、画像に適用される上、画像取得後の処理時にさまざまなアルゴリズムや方法で修正されます。

パーキンソン病、アルツハイマー病、ウイルス感染症などの病気の診断おいて、ナノスケール顕微鏡法はどのような重要性を持ちますか?

SMLMナノスケール顕微鏡法の効果は、データ収集の出力が画像だけではなく、データ収集時に検出されたすべての分子のX、Y、Z位置が記録されたテキストファイルにもあることによります。 次のことが可能になります。

  • 対象分子(同時に3つまで)の定量化。例えば薬物療法下で分子クラスターの進化を観察します。
  • タンパク質の構造解析または共局在化のためのナノスケール3D空間情報取得
  • 動的解析に向けた個々の分子の追跡

現在、この能力は病気の診断、新しい治療法の開発、ウイルスまたは細菌感染症の診断など、様々な局面で役立っています。

複数の細胞内構造体に対するナノスケールの3Dイメージング

このウェビナーでは、Nicolas博士が、サンプルの単一分子画像を、高品質で信頼性が高く分かりやすい15 nm分解能の3Dイメージングで速く簡単に取得する方法をご説明します。 サンプル調製からデータ解析まで、イメージングワークフロー全体を見ていきながら、単一分子局在化顕微鏡法(SMLM)コミュニティによって実現したことや、よくある誤り、Abbelight社のツールによってイメージングと解析がどのように容易になるか明らかにします。

よくある質問

ウェビナーFAQ | 複数の細胞内構造体に対するナノスケールのイメージング

3Dマルチカラーのナノスケール顕微鏡画像を取得するにはどれくらい時間がかかりますか?

スペクトル分離法とは3色画像の取得を意味し、通常は標準的な視野(約50 × 50 µm)の3D画像の場合に1分未満、より大きな視野(150 × 150 µm)の場合に数分かかります。

ナノスケール顕微鏡法用構造体の調製はどれくらい難しいですか?

サンプル調製では、固定液(PFAなど)の濃度変更や抗体濃度の増加など、標準的な調製手順を少し変えます。 いつもの手順を微調整するだけで構いません。 必要な場合は、Abbelightチームがお手伝いします。

マルチカラー撮像の色収差とサンプルドリフトにはどのように対処しますか?

スペクトル分離法では、647 nm、660 nm、680 nmなど2、3個の遠赤外チャンネルでの同時イメージングが可能です。 3つの色は波長内で近接しているため、この手法では色収差が起こりません。

サンプルドリフトはデータ収集中に常にリアルタイムで計算されて、画像に適用される上、画像取得後の処理時にさまざまなアルゴリズムや方法で修正されます。

パーキンソン病、アルツハイマー病、ウイルス感染症などの病気の診断おいて、ナノスケール顕微鏡法はどのような重要性を持ちますか?

SMLMナノスケール顕微鏡法の効果は、データ収集の出力が画像だけではなく、データ収集時に検出されたすべての分子のX、Y、Z位置が記録されたテキストファイルにもあることによります。 次のことが可能になります。

  • 対象分子(同時に3つまで)の定量化。例えば薬物療法下で分子クラスターの進化を観察します。
  • タンパク質の構造解析または共局在化のためのナノスケール3D空間情報取得
  • 動的解析に向けた個々の分子の追跡

現在、この能力は病気の診断、新しい治療法の開発、ウイルスまたは細菌感染症の診断など、様々な局面で役立っています。

Experts
Dr. Nicolas Bourg
Chief Technical Officer and Co-Founder of Abbelight

こんにちは。Nicolas Bourgと申します。Abbelightの最高技術責任者(CTO)と共同設立人であり、単一分子局在化法(SMLM、ナノ顕微鏡法としても知られ、PALM、dSTORM、SPT-PALM、DNA-PAINTのような技術が含まれる)に関する指名エキスパートです。

光電子工学エンジニアとして教育を受け、Paris-Saclay Universityでバイオフォトニクスの博士号を取得し、前例のない解像力を持った独特の3Dナノ顕微鏡法を研究しています。私の研究チームとともに、博士課程で得た知見を共有すべく、Abbelightを設立しました。これは、ナノ顕微鏡法をさらに強力なものにし、生物学者が高度な検鏡法の研修を受けなくても十分に活用できるようにすることを目標とする起業です。私の仕事は、ナノ顕微鏡法に関する皆さんの質問に答えることですので、いつでもご連絡ください。

複数の細胞内構造体に対するナノスケールの3Dイメージング2024年6月14日
このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。
Ask the Expert Sign-up

By clicking subscribe you are agreeing to our privacy policy which can be found here.

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。