Life Science Solutions

瑞穂号LCE

大正14年(1925年)発売の瑞穂号から10年。オリンパス初の大型双眼生物顕微鏡、瑞穂号LCEは、昭和10年(1935年)の発売です。単眼から双眼へ大きな変化をとげました。
解像力が高く、色ズレの少ない「アポクロマート対物レンズ」を採用。4つのレンズを切りかえることが可能なレボルバーを搭載。最高倍率2000倍。ステージには、超高精度十字動メカニカルステージを採用。使いやすさも大幅に向上しています。
この他に、双眼鏡筒の顕微鏡としては、「アクロマート対物レンズ」を採用した大和号LCDがありました。なお、これらの機種で写真を撮影するときには、鏡筒を単眼鏡筒に付け替えていました。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。