Life Science Solutions

F鏡基

昭和35年(1960年)には、F鏡基が生まれました。
F鏡基は、E鏡基をベースに、焦準機構の微動感度を0.0005mmまで高め、高倍率観察におけるピント合わせを容易にしました。
昭和38年(1963年)には、E鏡基、F鏡基がさらなる進化を遂げます。
それまで前方や斜めの位置に置かれていた光源を、鏡体部分に内蔵。はじめての光源内蔵顕微鏡が完成しました。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。