Evident LogoOlympus Logo

著者

小蒲 健夫
小蒲 健夫

小蒲 健夫

シニアプロダクト・戦略プランナー、プロダクトマネージャー

小蒲健夫氏はEvidentのシニアプロダクト・戦略プランナーであり、顕微鏡カメラのプロダクトマネージャーも務めています。カメラを含むさまざまな製品の研究・開発部門で8年、製品計画、マーケティング、マネジメントで8年の経験を有しています。大阪大学でニュートリノ物理学の修士号を取得。

Alket Mertiri

Alket Mertiri

アソシエイトプロダクトマネージャー

Alket Mertiri氏(PhD)は光学および光工学のバックグラウンドがあります。ボストン大学で材料科学および工学の博士号を取得し、大学では最新の検鏡法技術の開発に携わっていました。2018年~2019年にオリンパスでアソシエイトプロダクトマネージャーを務め、基本的な検鏡法から全反射照明検鏡法のような高度な技術に至るソリューションを模索し、科学者たちの研究を進歩させました。

Lauren Alvarenga

Lauren Alvarenga

ライフサイエンス顕微鏡部門、シニアプロダクトマネージャー

Lauren Alvarenga氏は、Evidentで臨床用顕微鏡のシニアプロダクトマネージャーを務めています。専門に担当しているのは対物レンズとイメージングソフトウェアです。ロチェスター工科大学で生物医学フォトグラフィックコミュニケーションの理学士号を取得しています。

Ralf Schaefer

Ralf Schaefer

シニアマーケティングプロジェクトマネージャー

Ralf Schaefer氏はハンブルク大学で化学の学位を取得しています。いくつかの代理店や企業で、さまざまな技術環境でのマーケティングコミュニケーションを担当しました。Evidentでは、各種プロジェクトや担当業務で、検鏡法の認知度と産業ビジネスを加速させ具体化させてきました。

Kerry Israel

Kerry Israel

マーケティング・コミュニケーション、マネージャー

Kerry Israel氏は、Olympus Corporation of the AmericasのScientific Solutions Groupのライフサイエンスのマーケティングおよびコミュニケーションのマネージャーです。Brandeis Universityで文学士号を取得し、広告・ソーシャルメディア戦略からグラスルーツアウトリーチまで、マーケティングのすべての側面で15年を超える経験を有しています。

Alec De Grand

Alec De Grand

プロダクトマネージャー

Alec De Grand氏は、Evidentのライフサイエンス用バーチャルスライドスキャンおよび正立顕微鏡のプロダクトマネージャーです。10年以上Evidentに勤務し、その間、臨床製品、マーケティングイニシアチブ、イメージングコース、展示会などに携わりました。

Carlo Alonzo

Carlo Alonzo

ライフサイエンス顕微鏡部門、営業担当

Carlo Alonzo氏(PhD)はEvidentでライフサイエンス顕微鏡の営業担当を務めています。科学者たちが研究目標を達成するための技術を特定し、理解できるように支援を行っています。生物医学光学系に興味を持ち、ボストンの学会に参加するようになってから、多光子検鏡法を用いた研究に数年間没頭しました。フィリピン大学で物理学の博士号を取得し、デンマーク工科大学とマサチューセッツ総合病院(ハーバード・メディカルスクール)で博士課程修了後のトレーニングを積みました。

Joanna Hawryluk

Joanna Hawryluk

プロダクトマネージャー

Dr. Joanna Hawrylukは、Evidentのリサーチイメージングのプロダクトマネージャーです。現在は、細胞培養インキュベーションモニタリングシステム、3D細胞解析ソフトウェア、電気生理学顕微鏡、ライトシート顕微鏡を担当しています。コネチカット大学の生理学・神経生物学部で博士号を取得しています。

Laz Amador

Laz Amador

シニアマネージャー

Laz Amador氏は、Evidentナショナルアプリケーションチームのシニアマネージャーです。顕微鏡のセールスで36年の経験を持ち、1988年からEvidentに在籍しています。アプリケーションチームに加わる前は、ラテンアメリカ地域のテクニカルマーケティング執行役員でした。妻のJanさんとともにフロリダ州ウエストン在住。

Rebecca Chandler

Rebecca Chandler

Staff Writer

Rebecca氏は、Olympus Scientific Solutionsのスタッフライターです。Endicott Collegeでジャーナリズムの学士号を取得し、科学および産業におけるトレンドとテクノロジーについて執筆しています。オリンパスのエンジニアや科学者と密接につながって仕事をし、最新のレーザー走査型、超解像、多光子、正立型、実体、倒立型の顕微鏡システムの他、最先端の光学系、カメラ、ソフトウェアについての記事を書いています。細胞学、病理学、教育など、数多くのアプリケーションにおけるオリンパスの最新の状況を知るためには、彼女の記事を読んでください。

Dr. James Lopez

Dr. James Lopez

ライフサイエンスアプリケーショングループ、マネージャー

James Lopez氏は、2010年にシカゴ大学で生物医科学の博士号を取得しました。カルシウムイメージング、FRET、ライブセルイメージング、生体イメージングの10年近い経験を活かし、共焦点・多光子顕微鏡のセールス担当者としてEvidentに入社しました。後に、共焦点・多光子システムをサポートするEvidentライフサイエンスアプリケーショングループに異動しました。現在、米国、カナダ、中南米の市場で、ライフサイエンスアプリケーショングループを管理しています。

Matthew Weitzman

Matthew Weitzman

アプリケーションスペシャリスト

Matthew Weitzman氏はデラウェア大学で生物科学の博士号を取得し、高度なイメージングに関する長年の経験を有しています。2014年~2021年、オリンパスの共焦点・多光子イメージングシステムに取り組み、製品開発やアプリケーションサポートを支援しました。

Janeen Manning

Janeen Manning

プロダクトマネージャー

Janeen Manning氏は、Evidentの臨床・教育用顕微鏡のプロダクトマネージャーです。Evident入社前は、感染症専門の医療機器会社に勤務していました。メイン大学で生物化学、微生物学、分子生物学の理学士号を取得し、ハーバード大学でバイオテクノロジーの修士号(MLA)を取得しています。

Christopher D. Higgins

Christopher D. Higgins

事業開発マネージャー

Christopher Higgins氏は、Evidentライフサイエンス部門の事業開発マネージャーです。24年に及ぶ検鏡法分野での経験があり、研究と臨床の両アプリケーションで用いられる広範な生物学的光学顕微鏡のプロダクトマネジメントとアプリケーションでキャリアを積み重ねてきました。

現在の役職では、研究者や病理学者と直接協同して新たな技術とアプリケーションの開発に取り組んでいます。今日のバーチャル顕微鏡システムで撮影した画像は、個別の細胞だけでなく組織全体についてもわかることがあり、研究や教育などに不可欠なものになっています。Higgins氏は、次の大きな開拓は、臨床分野でのより広範なアプリケーションの受け入れに向かう次の時代に入るためのホールスライドイメージングと人工知能による解析を準備することだと考えます。

同氏はDigital Pathology Associationのメンバーであり、マイアミ大学で学士号を取得しています。また、熱心な野外活動家でもあり、自然写真家として成功し、ペンシルベニア州のリーハイ・バレーに住んでいます。

Cheng-Hao Chien

Cheng-Hao Chien

ライフサイエンス部門、アソシエイトプロダクトマネージャー

Dr. Cheng-Hao Chienは、台湾の国立陽明大学でバイオフォトニクスの博士号を取得し、ボストンのタフツ大学医学部神経科学科で博士課程修了後のトレーニングを積みました。高度な検鏡法とライフサイエンス研究における10年間の経験を活かし、2020年~2021年にオリンパスで多光子検鏡法とカスタマイズソリューションを担当し、製品とアプリケーションのサポートを担いました。

Brendan Brinkman

Brendan Brinkman

ライフサイエンス部門、新事業戦略

Brendan Brinkman氏は、何年もの間、マウスニューロスフェアの一次分離を含む幹細胞分野で研究を続けてきました。コアイメージング施設のマネージャーとして数年間勤務し、新システム構築の支援を行った後にオリンパスに入社しました。オリンパス東京本社に2年半勤務した後、2017年に米国に戻りました。東京では、次世代ソリューションの開発を担っていました。

Kathy Lindsley

Kathy Lindsley

Application Specialist, Life Science Applications

Manoel Veiga

Manoel Veiga

ライフサイエンスリサーチ部門、アプリケーションスペシャリスト

Manoel Veiga氏は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学(スペイン)でピコ秒およびフェムト秒時間分解分光法を研究し、物理化学の博士号を取得しました。マドリード・コンプルテンセ大学とミュンスター大学で2つのポスドク研究を行った後、PicoQuant社でシニアサイエンティストとして勤務し、時間分解分光法、蛍光寿命イメージング観察法(FLIM)、蛍光相関分光法(FCS)の分野で研究しました。現在はドイツのEvidentでグローバルアプリケーションスペシャリストとして、ハイコンテント解析(HCA)とディープラーニングを中心に業務に携わっています。

Heiko Gäthje

Heiko Gäthje

Senior Trainer, Training Academy

Rebecca Bonfig

Rebecca Bonfig

共焦点顕微鏡部門、プロダクトマネージャー

Dr. Rebecca Bonfigは、ルイビル大学の生理学・生物物理学部で、副甲状腺ホルモンによる腎リン酸輸送体Npt2aの転写後調節について研究し、大学院を修了しました。2015年~2022年はオリンパスの共焦点顕微鏡を担当し、プロダクトマネージャーとしてFLUOVIEW™ シリーズをサポートしました。

Bülent Peker

Bülent Peker

Senior Product Marketing Manager

Flavio Giacobone

Flavio Giacobone

Product Marketing Manager

今村 尚平

今村 尚平

戦略プロジェクトマネージャー

今村尚平氏は、Evidentの戦略プロジェクトマネージャーを務めています。ライフサイエンス向け顕微鏡のセールスで4年、製品計画、戦略的プロジェクトマネジメント、プロジェクト実行において7年の経験を積んでいます。明治大学で商学士号を取得。

Daniel Bemmerl

Daniel Bemmerl

Area Manager, High-End Microscopy Systems

Paul Monnier

Paul Monnier

Life Science Application Scientist

Dr. Gulpreet Kaur

Dr. Gulpreet Kaur

リサーチイメージングアプリケーションスペシャリスト

Dr. Gulpreet Kaurは、ウィスコンシン大学マディソン校で、生細胞のスピニングディスク共焦点検鏡法を用いたオルガネラ生物学を研究し、分子生物学の博士課程を修了しました。

Dr. Kaurは、6年間の検鏡法の経験を持ち、共焦点、スピニングディスク、超解像、ライトシートイメージングなどの様々な技術を手掛けてきました。ウィスコンシン大学マディソン校の検鏡法/画像解析コア施設のトレーナーを務め、実験デザインとイメージング条件の最適化について科学者たちと意見を交換してきました。

2018年~2022年は、科学者がオリンパスの顕微鏡およびイメージング技術を研究プロジェクトに応用する際の支援を行いました。

Dr. Nicolas Bourg

Dr. Nicolas Bourg

Chief Technical Officer and Co-Founder of Abbelight

Sarah Williams

Sarah Williams

Staff Writer

Sarah Williams氏は、2013年にオリンパスのマーケティングコミュニケーション部に入る前、放送メディア産業で調査員兼コピーライターとして10年近く働いてきました。現在は、ライター、編集者としてのスキルを活かし、オリンパスの製品や専門技術に関連するトピックについて興味深く高品質な資料を作成しています。彼女が非破壊試験(nondestructive testing:NDT)技術について書いたものでは、超音波(UT)と渦電流試験(eddy current testing:ECT)、フェーズドアレイ(PA)、トータルフォーカシングメソッド(TFM)とフルマトリックキャプチャ(FMC)、および工業用顕微鏡とビデオスコープについて取り上げています。私達を取り巻く世界の品質と安全性の向上に対するオリンパス製品の貢献についても折りに触れ詳しく検証しています。ケベックシティのオフィスに勤務し、同じケベックシティ内に夫のDavidと3人の子供、Sophie、Anouk、Éloiと一緒に暮らしています。

Irina Rakotoson

Irina Rakotoson

Life Science Product Manager

Dr. Mike Woerdemann

Dr. Mike Woerdemann

EVIDENT Technology Center Europe、プロダクトマネージャー

Mike Woerdemann氏は、構造化ライトフィールドに基づく光ピンセット技術の博士号を取得しました。アプリケーションスペシャリストとして勤務し、ハイコンテントスクリーニングシステムを長年にわたりサポートする中で、この分野での実践的な知見を深めました。現在は、EVIDENT Technology Center Europeで開発されたハイコンテントスクリーニングステーションとディープラーニング製品のプロダクトマネージャーを務めています。

Chunsong Yan

Chunsong Yan

ライフサイエンス、事事業開発マネージャー

Chunsong Yan氏は、オーストラリアとニュージーランドのEvidentでライフサイエンス事業開発マネージャーを務めています。現在、共焦点、多光子励起、ライトシート、およびスライドスキャンシステムを担当しています。Evidentに入社して以来、常に最高のイメージングソリューションをお客様に提案しながら、様々な役割を担当してきました。

Minju Kim

Minju Kim

Product Specialist at Olympus Korea

Junsung Kim

Junsung Kim

Product Specialist at Olympus Korea

Ganesh Kadasoor

Ganesh Kadasoor

Application Specialist at Olympus Medical Systems India Ltd

Wei Juan Wong

Wei Juan Wong

デジタルスライドスキャンシステム部門、アプリケーションスペシャリスト

Wei Juan Wong氏は、Evidentでデジタルスライドスキャンシステムのアプリケーションスペシャリストを務めています。シンガポールのプロダクトスペシャリストとして当社に加わり、東南アジア地域で、SLIDEVIEW™ VS200リサーチスライドスキャナーなどの広視野顕微鏡を使用するお客様をサポートしました。その後ドイツに移り、EVIDENT Technology Center Europeにアプリケーションスペシャリストとして勤務し、世界中のお客様にアプリケーションとマーケティングのサポートを提供しています。物理学の学位を取得し、生物物理学研究室と顕微鏡法コア施設に勤務した経験があります。

Srivats Hariharan

Srivats Hariharan

Manager, Product and Application at Olympus Singapore

Stefan Marawske

Stefan Marawske

Senior Sales Specialist, High-End Life Science Systems

嵐文隆

嵐文隆

OEMマネージャー

嵐文隆氏は欧州EvidentでOEMマネージャーを務めています。12年間にわたる顕微鏡製品の開発経験を持ち、対物レンズやカメラアダプター、BX™ およびCKX™ シリーズ顕微鏡の照明光学系設計を担当してきました。大阪大学で工学修士号を取得。

Craig Rappaport

Craig Rappaport

ライフサイエンス顕微鏡部門、シニアセールススペシャリスト

Craig Rappaport氏は、Evident Life Scienceの顕微鏡のシニアセールス担当者です。26年に及ぶ顕微鏡の営業経験に加え、科学/技術分野のマーケティングにおいても10年余りの経験があります。Evidentに入社以来、市場分析、顧客の声の調査、新製品のリサーチを専門としています。2012年から、セールスチームとともに南カリフォルニアのサンディエゴとインペリアル郡を担当しています。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で学士号(BA)、デューク大学のFuqua School of BusinessでMBAを取得しています。

Marcus Krauel

Marcus Krauel

OEMマネージャー

Marcus Krauel氏は欧州EvidentでOEMマネージャーを務めています。12年にわたる光学系を扱ってきた経験を基に、欧州全域のOEMのお客様を、工業分野から医療分野まで幅広いアプリケーションにわたり支援しています。物理学と光工学の学位を取得しています。

Klaus Willeke

Klaus Willeke

プロダクトマーケティングマネージャー

Klaus Willeke氏はEvident Life Scienceのプロダクトマーケティングマネージャーです。Evidentに22年あまり勤務しています。ドイツで17年間、工業用・ライフサイエンス用顕微鏡のセールス担当として勤務した後、European Product Marketingチームで、正立型臨床用、研究用顕微鏡およびX Line™ 対物レンズを担当しています。

菊地 由宇

菊地 由宇

光学エンジニア

Evidentで装置組み込み用コンポーネント製品、顕微鏡製品の光学エンジニアを務めています。顕微鏡製品の光学設計・評価の実績があり、カスタマイズ製品の開発や顧客要件に合わせた仕様のマッチング、現場でのテストやアライメントに取り組んでいます。東北大学で分子生物学の修士号を取得。

Stephan Fliegel

Stephan Fliegel

光学顕微鏡用カメラ部門、プロダクトマネージャー

Stephan Fliegel氏は、ミュンスター応用科学大学でレーザーアプリケーション技術の研究に取り組み、2007年に物理工学の学位を取得しました。工業用レーザー製品の分野で顧客固有のレーザーシステムの設計レイアウト、開発、プランニングを中心に、アプリケーションスペシャリストとして勤務した後、製品およびプロジェクトのマネージャーを務めました。現在は、Evidentで光学顕微鏡用カメラのプロダクトマネージャーを務めています。

Dr. Daniel Göttel

Dr. Daniel Göttel

セールスサポートマネージャー

Daniel Göttel氏は、ハイデルベルク(ドイツ)にあるドイツがん研究センターで人類遺伝学の博士号を取得しました。バーチャルスライドスキャニングシステムのアプリケーションスペシャリストとして長年勤務し、この分野で深く実践的な経験を積んできました。現在はEvidentで、SLIDEVIEW™ VS200リサーチスライドスキャナーおよびネットイメージサーバー(NIS)SQLのセールスサポートマネージャーを務めています。

Lee Botes

Lee Botes

プロダクトスペシャリスト、顕微鏡法およびイメージング

Lee Botes氏は、24年にわたりオリンパス顕微鏡のセールスを経験してきました。微生物学のバックグラウンドを活かし、南アフリカで顕微鏡セールスのキャリアをスタートさせました。ニュージーランドのEvidentセールスチームの一員として、ウェリントンおよびサウスアイランドで工業用、医療用、研究用の顕微鏡を担当するほかに、ニュージーランド全土で共焦点顕微鏡とスライドスキャナーも担当しています。

矢部 正人

矢部 正人

光学エンジニア

Evident光学開発部門に所属し、19年間にわたって顕微鏡製品の開発に携わり、対物レンズやオートフォーカスの光学系設計を担当しています。和歌山大学で工学修士号を取得。

細野 翔大

細野 翔大

メカニカルエンジニア

Evidentメカニカルエンジニアリング部門に所属。10年以上にわたり顕微鏡製品の開発に携わっています。メカニカルエンジニアとして、各種顕微鏡、コンポーネント顕微鏡を設計しました。埼玉大学で工学士号を取得。

佐藤 慶

佐藤 慶

電気技師

Evidentの電気開発部門に所属し、9年間にわたり顕微鏡製品の開発に携わっています。プロダクトリーダーとして、工業用顕微鏡やコンポーネント顕微鏡の電気設計を担当しています。

Joanna Hawryluk

Joanna Hawryluk

プロダクトマネージャー

Dr. Joanna Hawrylukは、Evidentのリサーチイメージングのプロダクトマネージャーです。現在は、細胞培養インキュベーションモニタリングシステム、3D細胞解析ソフトウェア、電気生理学顕微鏡、ライトシート顕微鏡を担当しています。コネチカット大学の生理学・神経生物学部で博士号を取得しています。

Dr. Hunter Hines

Dr. Hunter Hines

Guest blogger

Dr. Hunter Hines received his PhD in 2019 while registered in a joint international collaboration with Bournemouth University (UK) and Harbor Branch Oceanographic Institute (HBOI) at Florida Atlantic University. He conducted research into microbial communities found in tropical aquatic and terrestrial ecosystems in Florida, focusing on the biogeography and biodiversity of ciliates.  

Today, Dr. Hines continues his research at HBOI, where he examines microbial communities and the impact they have on ecosystems. He is also the senior scientist on the Amoray Marine Conservation Team at the Amoray SCUBA Resort in Key Largo, Florida.

On social media, Dr. Hines plays a significant science outreach role for microbiology and ecology. During his PhD, he created the Instagram account Microbialecology, which has over 140,000 followers. He is a frequent collaborator with the popular YouTube channel Brave Wilderness, assisting with everything microbial and featuring in several episodes.

小野 憲司

小野 憲司

光学エンジニア

Evidentのオプティカルコンポーネント部門に所属。入社以来、映像事業でデジタルカメラの光学系の開発・企画に携わってきました。光学知識を活かし、現在はOEM顕微鏡のマーケティング活動に取り組んでいます。北里大学で学士号取得。

Kristina Mayer

Kristina Mayer

プロダクトマーケティングマネージャー

Kristina Mayer氏は、EvidentのEuropean Product Marketingチームで倒立顕微鏡のプロダクトマーケティングマネージャーを務めています。10年以上にわたりEvidentに勤務し、IXplore™ 倒立顕微鏡シリーズを担当して、EMEA地域でリサーチイメージング(全反射照明検鏡法(TIRF)やスピニングディスク型共焦点顕微鏡など)をサポートしています。ヤーコプス大学ブレーメンで細胞生物学の博士号を取得しています。

Benjamin Compans, Ph.D.

Benjamin Compans, Ph.D.

Marie Curie Research Fellow

Yuan Yue

Yuan Yue

マーケティングスペシャリスト

Evidentの市場戦略部門で、主にデジタルマーケティングを担当しています。Evidentのマーケティングコミュニケーション部門で6年近くの経験を有しています。

Shogo Usui

Shogo Usui

My name is Shogo Usui and I'm product leader of CM20 at Olympus Corporation. For over ten years, I have been an electrical engineer in the life science R&D team in Olympus Tokyo. I hold a Master’s degree in applied physics from th

Dr. Anne Beghin

Dr. Anne Beghin

Assistant Professor, Research Mechanobiology Institute

Dr. Xiaotong Cui

Dr. Xiaotong Cui

Field Application Specialist

Dr. Kasmira Wilson

Dr. Kasmira Wilson

Researcher

Dr. Dan Zhu

Dr. Dan Zhu

Professor

Dr. Graham Wright

Dr. Graham Wright

Acting Director

Mr. Srivats Hariharan

Mr. Srivats Hariharan

Manager, Applications and Marketing

Ms. Gency Gunasingh

Ms. Gency Gunasingh

Research Assistant

Dr. Dong Gao

Dr. Dong Gao

Principal Investigator

Dr. Yu Weimiao

Dr. Yu Weimiao

Head of Computational & Molecular Pathology Lab (CMPL) Agency of Science

Dr. Motoki Takagi

Dr. Motoki Takagi

Professor

Dr. Ningbo Wu

Dr. Ningbo Wu

Associate Professor

Mr. Hiroya Ishihara

Mr. Hiroya Ishihara

Applications Scientist

川崎 眞莉栄

川崎 眞莉栄

IVFマーケティング担当

Evidentライフサイエンスマーケティング部門に所属。臨床研究に関する顕微鏡のマーケティングに7年間携わり、現在は不妊治療研究(卵細胞質内精子注入法)産業のグローバルセールスプロモーションを担当しています。

Wei Juan Wong

Wei Juan Wong

デジタルスライドスキャンシステム部門、アプリケーションスペシャリスト

Wei Juan Wong氏は、Evidentでデジタルスライドスキャンシステムのアプリケーションスペシャリストを務めています。シンガポールのプロダクトスペシャリストとして当社に加わり、東南アジア地域で、SLIDEVIEW™ VS200リサーチスライドスキャナーなどの広視野顕微鏡を使用するお客様をサポートしました。その後ドイツに移り、EVIDENT Technology Center Europeにアプリケーションスペシャリストとして勤務し、世界中のお客様にアプリケーションとマーケティングのサポートを提供しています。物理学の学位を取得し、生物物理学研究室と顕微鏡法コア施設に勤務した経験があります。

Samuel M Lawrence

Samuel M Lawrence

CEO and Cofounder, CytoViva

Samuel M. Lawrence is the chief executive officer and cofounder of CytoViva, Inc. He led the development of the core, patented optical illumination technology that is the foundation of CytoViva’s products, as well as played a key role in the development of the patented CytoViva 3D imaging technology. He continues to lead all product development efforts and actively supports the company’s sales efforts both domestically and internationally.

Manoel Veiga

Manoel Veiga

ライフサイエンスリサーチ部門、アプリケーションスペシャリスト

Manoel Veiga氏は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学(スペイン)でピコ秒およびフェムト秒時間分解分光法を研究し、物理化学の博士号を取得しました。マドリード・コンプルテンセ大学とミュンスター大学で2つのポスドク研究を行った後、PicoQuant社でシニアサイエンティストとして勤務し、時間分解分光法、蛍光寿命イメージング観察法(FLIM)、蛍光相関分光法(FCS)の分野で研究しました。現在はドイツのEvidentでグローバルアプリケーションスペシャリストとして、ハイコンテント解析(HCA)とディープラーニングを中心に業務に携わっています。

Dr. Manfred Kässens

Dr. Manfred Kässens

テクニカル製品情報責任者

Dr. Manfred Kässensは、EVIDENT Technology Center Europeのテクニカル製品情報部門を率いているとともに、Evidentグローバルマーケティングコミュニケーション部門の一員でもあります。ドイツのミュンスター大学で物理学の修士号を取得し、1997年以来Evidentに勤務しています。

Sara Quiñones Gonzalez

Sara Quiñones Gonzalez

プロダクトマネージャー

Sara Quiñones González氏はバイオテクノロジーの学位を取得しています。いくつかの研究・臨床検査機関で勤務した後、プロダクトマネージャーとしてEVIDENT Technology Center Europeに加わりました。現在、VS200リサーチスライドスキャナーなどのSLIDEVIEW™ スキャナーシリーズを担当しています。

Dr. Thomas Bauer-Jazayeri

Dr. Thomas Bauer-Jazayeri

Director of Marketing and Sales evorion biotechnologies

Maria Ada Prusicki

Maria Ada Prusicki

デジタルスライドスキャンシステム部門、アプリケーションスペシャリスト

Maria Ada Prusicki氏は、2019年にハンブルク大学で生物学の博士号を取得しています。博士課程では、植物細胞分裂を追跡するライブセルイメージング法に重点をおいて研究していました。ポスドク研究を進める中で、顕微鏡法の知識を深めていきました。2022年に当社SLIDEVIEW™ VS200リサーチスライドスキャナーのアプリケーションスペシャリストになりました。Evidentミュンスターオフィス(ドイツ)を拠点として、世界中のお客様とEvidentのグローバルセールスおよびマーケティングチームに向けて、VS200アプリケーションサポートを提供しています。

吉倉 太一

吉倉 太一

ライフサイエンス、マーケティングコミュニケーション部門、スーパーバイザー

Evident東京オフィスのグローバルライフサイエンス・マーケティングコミュニケーションチームに所属。早稲田大学で学士号を取得し、2016年からEvidentに勤務しています。

斉藤 拓真

斉藤 拓真

工業用顕微鏡部門、セールス担当

2011年から、Evident東京オフィスの工業用顕微鏡セールスチームの一員です。日本の電子部品メーカーと強力な関係を構築し、現在はレーザー走査型顕微鏡とデジタルマイクロスコープ製品のセールス開発プロジェクトを指揮しています。

Dr. Yongjie Wang

Dr. Yongjie Wang

ライフサイエンス部門、アプリケーションスペシャリスト

Dr. Yongjie Wangは、北京(中国)のEvident Life Science拠点で活躍するアプリケーションスペシャリストです。現在は、先進的な顕微鏡の科学的応用に注力しています。Dr. Wangは南京大学化学化工学院で博士号を取得しました。

中川 孝司

中川 孝司

光学開発者

12年間にわたってデジタルカメラの開発に携わり、撮像レンズの光学系設計を担当しました。現在はEvidentの光学開発部門に所属し、顕微鏡製品の開発に取り組んでいます。山梨大学で工学修士号を取得。

戸田敦哉

戸田敦哉

アシスタントマネージャー、ライフサイエンスリサーチソリューション・グローバルマーケティング

日本市場において生物顕微鏡の営業担当、販売企画業務を15年以上にわたり経験したのち、2021年よりライフサイエンスグローバルマーケティングチームにてAPEXVIEW APX100の製品担当を務めています。

向井ひかる

向井ひかる

ライフサイエンスリサーチマーケティング担当

入社以来共焦点顕微鏡や超解像顕微鏡製品のサポートを担った後、2022年からライフサイエンスリサーチマーケティング部に所属。日本の東京理科大学で学士(理学)号取得。

Jake Jones

Jake Jones

Associate Product Manager, Research Imaging

Jake Jones, PhD is an associate product manager for research imaging at Evident, working with inverted imaging systems, total internal reflection fluorescence (TIRF), fluorescence recovery after photobleaching (FRAP), luminescence, and multiphoton microscopy. As a member of the product management team, Jake works to identify the needs of scientists and researchers and helps provide imaging solutions that match the growing needs of the imaging community. He holds a doctorate in biomedical engineering from the University of Arkansas, where he pursued projects involving biomedical applications of multiphoton microscopy, confocal microscopy, in vivo imaging techniques, and neural network-based image processing.

Avi Smith

Avi Smith

Associate Product Manager, Research Microscopy

Avi Smith is an associate product manager for research microscopy at Evident. He currently supports the product lines for cell culture, confocal spinning disk, and high-content screening software. Before joining Evident, he spent 10 years working in tissue engineering where he focused on developing skin models for drug discovery and development. Avi holds a master’s degree in engineering management from Tufts University.

Buelent Peker

Buelent Peker

Senior Product Marketing Manager, Life Science EMEA

With over 15 years of experience at Evident, Buelent Peker is a skilled specialist in laser scanning microscopy. His interest in microscopy and photonics began during his doctoral studies in physical chemistry, where he conducted research on time-resolved two-photon microscopy, and his passion for this field has persisted ever since. Buelent has been instrumental in introducing our leading-edge laser scanning microscopes to the market and is particularly intrigued by the potential applications of multiphoton systems as well as the customization options for laser scanning systems.

Kaori Hirayama

Kaori Hirayama

Assistant Manager, Life Science Research Solutions, Global Marketing

Kaori Hirayama currently works in the Life Science Marketing department at Evident where she is in charge of marketing customize products. She has over 10 years of experience working in confocal microscopy support. She holds a Bachelor of Hygienic Technology degree from Kitasato University, Japan.

Dr. Peter Su

Dr. Peter Su

Senior Lecturer, University of Technology Sydney

Michel Biocco

Michel Biocco

Head of Sales, Abbelight

Chloé Savard

Chloé Savard

微生物学者

Chloé Savardさんは、Instagramでは@tardibabeとしても知られるモントリオールの微生物学者です。音楽家(ドラマー)として教育を受けた後、視野を広げて子供の頃から抱いていたいくつかの疑問を解き明かすべく、微生物学を学ぶ決心をしました。彼女の@tardibabe Instagramチャンネルでは、微小なものをアートに変えることを目指すとともに、微細なエコシステムの脆弱性について情報を提供し、関心を集めています。また、さまざまな食べ物や日用品を使った実験も大好きです。 

桑野信

桑野信

光学エンジニア

2011年にオリンパス株式会社に入社し、12年間にわたって顕微鏡製品の開発を担当。現在は株式会社エビデント光学開発部門に所属し、対物レンズの光学設計やコンポーネント製品の開発、製品性能の測定技術開発などに取り組む。東北大学で理学修士号を取得。

Dr Grace Yuan

Dr Grace Yuan

Application Specialist

Dr. Grace Yuan earned her PhD at the Shanghai Institute of Plant Physiology and Ecology, Chinese Academy of Sciences. She previously worked as a senior scientist in the field of imaging cytometry. Zhenhuan brings her imaging expertise to Evident as an application specialist with a focus on confocal microscopy, multiphoton microscopy, and high-content analysis (HCA).

Shyam Rathod

Shyam Rathod

Photographer

Shyam Rathod holds a bachelor’s degree in electrical engineering from the Veermata Jijabai Technological Institute (VJTI) in Mumbai, Maharashtra, India. He works as the deputy executive engineer at the Maharashtra State Electricity Transmission Company (MSETCL) under the Government of Maharashtra, India. He is passionate about photomicrography and has been pursuing this unique art form consistently using his own limited resources. His efforts have earned him international recognition, and he is committed to popularizing this unique blend of art and science through consistent and diligent efforts in refining his images.

Amin El-Heliebi

Amin El-Heliebi


Masatoshi Dehari

Masatoshi Dehari

Life Science Research Solutions, Global Marketing

After working in sales for biological microscopy in top research fields in Japan, Masatoshi brought his expertise to Evident in 2023. As part of the Life Science Global Marketing team, he is responsible for innovative products such as the APEXVIEW™ APX100 all-in-one microscope and the CM30 incubation monitoring system. He holds a master’s degree from the University of Tokyo.

この著者による投稿

x
Search Results
インキュベーションモニタリングシステム CM30 のセルカウント解析機能が改善しました (Version 2.2.1)

インキュベーションモニタリングシステム CM30 のセルカウント解析機能が改善しました (Version 2.2.1)

著者  -
Confocal laser scanning microscope

Behind the Scenes: Developing the FLUOVIEW™ FV4000 Confocal Microscope

著者  -
HeLa cells under the microscope

Cells to Crystals—Our Most Popular Microscope Images for January 2024

著者  -
Confocal image of 3D cultured cell spheres

3 Ways Microscope Imaging Advances Organoid Research

著者  -
Evident Image of the Year 2022 global winner Laurent Formery

A Rising Star—Meet the Image of the Year 2022 Global Award Winner

著者  -
IOTY 2022 materials science winning image showing the crystal of callus remover

Crystal Art Photomicrography: Inside the Art of Imaging Crystals with a Microscope

著者  -
Microscope artwork

Stars and Smiles—Our Most Popular Microscope Images for December 2023

著者  -
対物レンズ

エビデント対物レンズの名称から光学性能を読み取る方法

著者  -
Evident Image of the Year 2022 APAC winner Jiao Li

Image of the Year 2022 APAC Winner Captures the Colorful Microscopic World

著者  -
Microscope artwork

Over the Rainbow—Our Most Popular Microscope Images for November 2023

著者  -
Image of the Year 2022 EMEA winner Javier Ruperez

Small Masterpieces of Nature—Meet the Image of the Year 2022 EMEA Winner

著者  -
Image of the Year 2022 Americas winner, Igor Siwanowicz

Image of the Year 2022 Americas Winner Captures the Art of the Natural World

著者  -
アップコンバージョンを用いた蛍光イメージングで生体観察の課題を解決

アップコンバージョンを用いた蛍光イメージングで生体観察の課題を解決

著者  -
Microscope artwork

Pretty Pollen—Our Most Popular Microscope Images for October 2023

著者  -
Heart attack shown under the microscope

「死後の組織学的アートワーク」によって命を吹き込む

著者  -
顕微鏡アート作品

素晴らしい微生物たち:2023年9月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡で見たSynchaeta属の一種とヒラタワムシ

ワムシ:輪形動物のミクロの世界をご紹介

著者  -
顕微鏡アート作品

顕微鏡アートの魅力:2023年8月に人気を集めた顕微鏡画像

著者  -
結腸、HE染色したマウス肺、HE染色したマウス心臓切片の明視野画像

明視野観察とは?

著者  -
顕微鏡アート作品

ショーの主役:2023年7月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡アート作品

緑色でいるのは簡単だ:2023年6月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡アート作品

塩からイラクサまで:2023年5月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡の分解能を検査するための垂直線パターンの間隔が徐々に広がっている様子

顕微鏡性能をモニタリングする最新の方法:内蔵ツールから外部ツールまで

著者  -
顕微鏡観察下のマウス臓器

カスタマイズユニット「マウス臓器観察用吸引固定ユニット」でIntravital Imagingの課題を解決

著者  -
顕微鏡アート作品

ハイビスカスからバニラまで:2023年4月の人気顕微鏡画像

著者  -
大きな細胞集団を評価するためのイメージサイトメトリー

フローサイトメトリーとイメージサイトメトリー:大きな細胞集団の評価手法を比較する

著者  -
顕微鏡アート作品

春の色:2023年3月の人気顕微鏡画像

著者  -
サソリの自家蛍光

自家蛍光の生物学的分析:サンプルが自然に輝くのはなぜか

著者  -
染色したヒト脊髄のホールスライド画像

レンズの後ろ側: Stephanie Shiers博士が生み出す表紙を彩る神経科学作品

著者  -
多喜正泰准教授

近赤外イメージングの将来に関する多喜先生へのインタビュー

著者  -
顕微鏡アート作品

IOTYのお気に入り:2023年2月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡アート作品

昔からのお気に入り:2023年1月の人気顕微鏡画像

著者  -
Image of the Year

IOTYの審査員が作品に求めるものとは?答えを探しましょう!

著者  -
アルツハイマー病の脳内ミエリン研究にIXplore Spinが貢献

アルツハイマー病の脳内ミエリン研究にIXplore Spinが貢献

著者  -
休日をテーマにした顕微鏡アート作品

ケイソウからBrainbowまで:2022年12月の人気顕微鏡画像

著者  -
細胞培養段階からイメージング、画像解析といった一連のフローに沿って実験の効率化を実現する4つのソリューションと、ケーススタディやアプリケーション例を紹介します。

研究者のワークフロー効率化をサポートするEVIDENTのソリューション

著者  -
TruAIでラベリングされカウントされた糸球体と腎臓核を示す3枚のスライドサンプル

ホールスライドイメージングと人工知能(AI)によるループス腎炎評価のスピードアップ

著者  -
カラフルな顕微鏡アート作品

クマムシからマツまで:2022年11月の人気顕微鏡画像

著者  -
IOTY 2021グローバル最優秀賞受賞者Jan Martinekさんが撮影したシロイヌナズナの花

ミクロの宇宙の美:2021年IOTYグローバル最優秀賞受賞者へのインタビュー

著者  -
顕微鏡の正しい運び方

顕微鏡を正しく安全に運ぶ方法

著者  -
Evident IXplore顕微鏡システム

汎用性の高いイメージングソリューションが神経科学分野のホールスライドスキャンとハイコンテントスクリーニングを支える

著者  -
顕微鏡LED設計

LED光源を装置に組み込むメリット

著者  -
Evident 2021 IOTY APAC受賞画像

機械屋から受賞者へ:Image of the Yearアジア・パシフィック地域受賞者のご紹介

著者  -
空間周波数

光学系の設計におけるMTFグラフの5つの使用法

著者  -
顕微鏡アート作品

不気味な生き物たち:2022年10月の人気顕微鏡画像

著者  -
コンパクトな装置設計を実現する光学系のレイアウト方法

コンパクトな装置設計を実現する光学系のレイアウト方法

著者  -
顕微鏡で見た真菌

Image of the Year2021欧州地域受賞者が捉えた華やかな真菌の世界

著者  -
顕微鏡アート作品

秋の到来:2022年9月の人気顕微鏡画像

著者  -

ナノマテリアルが生命科学の新たな光に; 蛍光ナノプローブが注目を集めている理由を解説します

著者  -
2021年IOTY米州地域最優秀賞受賞者Ivan Radin氏

A Growing Art:IOTY2021米州地域受賞者のご紹介

著者  -
顕微鏡アート作品

プランクトンから植物まで:2022年8月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
VS200リサーチスライドスキャナーのソフトウェアインターフェース

ホールスライドスキャニングへのTruAI™ディープラーニング応用事例

著者 , -
顕微鏡アート作品

サムシングフォー「古いもの、新しいもの、借りたもの、青いもの」:2022年6月の人気顕微鏡画像

著者  -
APEXVIEW APX100デジタルイメージングシステムが実現する研究ワークフローの効率化

APEXVIEW APX100デジタルイメージングシステムが実現する研究ワークフローの効率化

著者  -
顕微鏡で見たハエ、カタツムリ、ケイソウ

夏の訪れ:2022年6月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡アート作品

形を見る:2022年5月の人気顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡アート作品

表彰シーズン:2022年4月の人気顕微鏡画像

著者  -
ディープラーニングを用いた細胞セグメンテーション

事前学習されたディープラーニングモデルを使用して核と細胞のセグメンテーションが楽に行われた20の例

著者  -
顕微鏡用デジタルカメラEP50による自動測定のためのミクロメーター校正

顕微鏡用カメラの校正方法:精度の高い測定はここから始まる

著者  -
顕微鏡アート作品

春の緑色:2022年3月の人気顕微鏡画像

著者  -
サンプルスライドをVS200スライドスキャナーに載せている、獣医療企業の検査ラボ内にいるラボ技師

リサーチスライドスキャナーSLIDEVIEW™ VS200で検査系スタートアップ企業の急成長に貢献

著者  -
サンプルを見つめる白衣を着たライフサイエンス研究者と、手前の顕微鏡の横に置かれたコンピューター画面に映る蛍光画像

イメージング公開に顕微鏡観察を引用するためのガイドライン

著者  -
ディープラーニングを使用した核と細胞のインスタンスセグメンテーション

ディープラーニングで細胞と核のインスタンスセグメンテーションを簡単に

著者  -
顕微鏡アート作品

ごく小さなバレンタイン:2022年2月の最も愛された顕微鏡画像

著者  -
強化暗視野照明

強化暗視野照明:ナノスケールのラベルフリーイメージング

著者  -
COVID-19研究

自動スライドスキャナーがCOVID-19研究を促進

著者  -
顕微鏡作品

ケイソウから恐竜まで:2022年1月でもっとも人気のあった顕微鏡画像

著者  -
ケーラー照明の調整中に開口絞りが開きすぎの場合、最適に設定されている場合、閉じすぎの場合における画質の比較

6つの簡単なステップでケーラー照明を調整する方法

著者  -
生殖補助技術のホフマン変調コントラスト画像

ホフマン変調コントラストとは何か

著者  -
顕微鏡作品

海と陸の逸品:2021年12月の人気顕微鏡画像

著者  -
オリンパスIOTY 2020グローバル最優秀賞受賞者Werner Zuschratterさんが顕微鏡で捉えたラット全胚

自己蛍光の美学:2020年IOTYグローバル最優秀賞受賞者の紹介

著者  -
顕微鏡オートフォーカス

アクティブ方式を採用した工業顕微鏡用オートフォーカスユニット

著者  -
人気顕微鏡画像

細部を見る目:2021年11月の人気顕微鏡画像

著者  -

より高速で高感度のSARS-CoV-2検出でCOVID-19のまん延を抑える

著者  -
偏光を使用し、結晶アミノ酸Lグルタミンとβアラニンを貼り合わせたパノラマ画像

顕微鏡への生涯変わらぬ愛:2020年IOTY米州地域最優秀賞受賞者のインタビュー

著者  -
2021年10月の人気顕微鏡画像

不気味で背筋がゾッとする画像:2021年10月の人気顕微鏡画像

著者  -
Olympus Global Image of the Year Award 2020アジア太平洋地域最優秀賞の受賞者、XinPei Zhang氏

翼を広げて:IOTY 2020アジア・パシフィック地域最優秀賞受賞者がミクロの世界の美しさをシェア

著者  -
MGHのWellman Center for PhotomedicineのEvans研究室にいるConor Evans博士

見えないものを視覚化して患者の予後改善に貢献したい:Conor Evans博士へのインタビュー

著者  -
2021年9月の人気顕微鏡画像

脳、虫、バクテリア: 2021年9月の人気顕微鏡画像

著者  -
オリンパスのGlobal Image of the Yearコンテストを受賞した顕微鏡で見たヘビ皮

顕微鏡スケールで見たヘビ皮:IOTY 2020 EMEA地域最優秀賞受賞者のご紹介

著者  -
マイクロ流体フロー制御システム

顕微鏡とマイクロ流体力学の出会い:最新の研究に適応するイメージングシステムの構築

著者  -
顕微鏡画像作品

原生生物、植物、トラ:2021年8月の人気顕微鏡画像

著者  -
臨床治療ラボの検査者が、適切な姿勢と体のポジショニングを可能にした人間工学に基づくオリンパスBX46顕微鏡を使って日常の顕微鏡作業を実施中

背中に気をつけて! 人間工学を用いた快適な顕微鏡作業方法

著者  -
高演色性のLED開発

高演色性のLEDの開発により、高い色再現性を実現

著者  -
YouTubeチャンネルBrave Wildernessからのサムネイル( Dr. Hunter Hines (r) 博士とMark Vins氏がゲスト出演し、フォーラーネグレリアを探索してオリンパス顕微鏡で撮影)

サイエンスアウトリーチにおけるソーシャルメディアの利用と重要な役割

著者  -
2021年7月の人気顕微鏡画像

臓器の芸術:2021年7月の人気顕微鏡画像

著者  -

Premier Innovation Awardを受賞した顕微鏡用カメラDP28とDP23のご紹介

著者  -
RoHS対応製品リスト

ダウンロードサービスでRoHS対応製品リストを直ちにお手元に

著者  -
バイオフィルム研究用の共焦点レーザー走査型顕微鏡

宇宙のバイオフィルム:共焦点レーザー走査型顕微鏡がNASAの研究実験の開始を推進

著者  -
2021年6月の顕微鏡画像

海、臓器、自然:2021年6月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
ダウンロードサービスで3D CADデータを直ちにお手元に

ダウンロードサービスで3D CADデータを直ちにお手元に

著者  -
自動細胞培養機器

自動細胞培養システムが革新性でEdison Awardを獲得

著者  -
顕微鏡アート

虫と脳:2021年5月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
微分干渉コントラスト(DIC)を使用してワムシを観察する

Avalonさんは、ワムシを研究するための夢のような顕微鏡に出会いました

著者  -
顕微鏡で見た藻類の画像

藻類からアリまで:2021年4月の人気顕微鏡画像

著者  -
ホールスライドイメージング用SQL画像ビューワー

ホールスライド画像を保存する簡単な方法:ネットイメージサーバーSQLの活用

著者  -
顕微鏡画像コンテスト受賞者

2020年グローバルIOTY最優秀賞受賞者の発表

著者  -
顕微鏡の芸術

春の日の小さなネコ:2021年3月の上位人気の顕微鏡画像

著者  -
ディープラーニングを活用した高精度な核検出

信頼性の高い非染色画像を用いた定量的評価:ディープラーニングの活用

著者  -
油浸対物レンズを用いたホールスライドイメージング

油浸対物レンズを用いたホールスライドイメージング:よくある質問(FAQ)

著者  -
イメージングソフトウェアcellSens Dimensionパッケージのカウントアンドメジャー機能における、関心領域として輪郭が示された青色の核および赤色と緑色のオブジェクトの顕微鏡画像の取得

cellSens Dimensionパッケージで領域内のオブジェクトをカウントする方法

著者  -
蛍光イメージング

リモート環境からラボにスムーズに復帰するための4つのステップ(+無料のトラブルシューティングガイド)

著者  -
顕微鏡用カラーカメラ

最新の顕微鏡用カラーカメラで病理研究のイメージング品質を向上させる6つの方法

著者  -
2月の人気の顕微鏡画像

AからZまで:2021年2月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
5つの簡単なステップで理想的な対物レンズを見つける方法

5つの簡単なステップで理想的な対物レンズを見つける方法

著者  -

好奇心を持ち続けること:Gabrielle Corradino先生へのインタビュー

著者  -
春の顕微鏡画像

春を夢見て:2021年1月の上位人気画像

著者  -
藻類とケイソウの顕微鏡アート作品

藻類から芸術へ:X Line対物レンズを使って素晴らしい顕微鏡アート作品を製作する

著者  -
コンペンゼーションフリー方式で設計された対物レンズ

コンペンゼーションフリー方式で設計された対物レンズを装置へ組み込むメリット

著者  -
安定したライブセルイメージング

安定したライブセルイメージングのための簡単な顕微鏡のアップグレード

著者  -
12月の顕微鏡画像

2020年12月に高い評価を得た顕微鏡画像

著者  -
蛍光検鏡法のための顕微鏡光源

顕微鏡の光源を長持ちさせ、性能を向上させる方法

著者  -
高開口数、色収差補正、フラットネスを兼ね備えたオリンパスX Line対物レンズ

お手元の顕微鏡をより有効に活用していただくための5つの方法

著者  -
共焦点顕微鏡検査における一分子レベルでの検出能の向上

優れた光学系-共焦点顕微鏡検査における一分子レベルでの検出能の向上

著者  -
クモノスケイソウの暗視野画像

暗視野観察とは?

著者  -
マウス脳切片

「神経の庭園」芸術と科学 - 2019年IOTYグローバル最優秀賞受賞者の紹介

著者  -
ケイソウの顕微鏡画像

ケイソウからミジンコまで:2020年11月人気だった顕微鏡画像

著者  -
完全なマウス胚の画像

顕微鏡的スケールの美を明らかにする:2019年IOTY アジア・パシフィック地域最優秀賞受賞者

著者  -
顕微鏡を使った聴覚研究

顕微鏡で難聴を回復させる方法を探し出す

著者  -
Yoyで染色したPtK2細胞

天文学から顕微鏡へ:TruSpectralテクノロジーへの旅

著者  -
「波面収差コントロール」を採用した対物レンズ

「波面収差コントロール」が装置組込対物レンズの性能安定化に欠かせない理由

著者  -
2020年10月に人気だった顕微鏡画像

脳と花:2020年10月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
ディープラーニング顕微鏡観察

1年間のライフサイエンス研究から得られた5つの人工知能に関する教訓

著者  -
マウスのヒゲ

アーティスト目線で見た自然界:2019年IOTY EMEA地域最優秀賞受賞者と会う

著者  -

昆虫、蝶、鳥::2020年9月の上位人気の顕微鏡画像

著者  -
生きているクマムシの画像

科学とアートへの情熱を結び付けて:2019年IOTY米州地域最優秀賞受賞者のインタビュー

著者  -
単一細胞分解能でのハイコンテント解析

顕微鏡実験を加速する5つの実践的方法

著者  -
リモートでの顕微鏡観察

リモートでの顕微鏡観察ガイド:成功のためにラボを設定する6つのヒント

著者  -
ライブセルイメージング

ラボ内にいる時間を短くして長時間のライブセルイメージングを達成する4つのヒント

著者  -
Light sheet microscopy

5 Ways Light Sheet Microscopy Is Advancing Life Science Research

著者  -
顕微鏡下の蜂

ムシできない画像たち:2020年8月の上位人気の顕微鏡画像

著者  -
scanR AIを用いた明視野画像解析

TruAI技術を用いたラベルフリー核検出のビデオ紹介

著者  -
教育用顕微鏡

あらゆる教育環境で安全に顕微鏡を使用する方法

著者  -
2020年7月の人気の顕微鏡画像

イメージング技術のすべて:2020年7月の人気顕微鏡画像

著者  -
細胞培養の定量的解析

実験成功に導くための定量的な細胞培養の重要性

著者  -
顕微鏡画像

小さな生き物たち:2020年6月の人気顕微鏡画像

著者  -
Multiplexed fluorescence microscopy

From Multimode Imaging to Multiplexing: Your Essential Guide to Extracting Rich Data

著者  -
第2次高調波発生(SHG)および第3次高調波発生(THG)検鏡法

蛍光イメージングのその先へ:SHGおよびTHGを用いた生物学的イメージング

著者  -
技術的な壁を打開し、Edison Award(エジソン賞)を受賞したX Line対物レンズ

技術的な壁を打開し、Edison Award(エジソン賞)を受賞したX Line対物レンズ

著者  -
2020年5月の上位5作品の顕微鏡画像

大きな生き物と小さな生き物:2020年5月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
がん研究所においてPCソフトウェアを介して発表されたがん細胞の3次元顕微鏡イメージング

ブレークスルーへの道のり:先駆的なバイオイメージングの利用により変わりゆくがん研究

著者  -
人気の顕微鏡画像

2020年4月の人気顕微鏡画像

著者  -
蛍光イメージング

蛍光イメージングにおける顕微鏡用カメラの活用事例

著者  -
Microscope cleaning

顕微鏡のクリーニング・消毒方法について

著者  -
マウス脳のホールスライドイメージング

簡単画像共有:OlyVIAビューワーの活用

著者  -
Image of the Yearの最優秀賞受賞作品と特別賞入選作品

2020年3月人気だった顕微鏡画像

著者  -
顕微鏡画像コンテスト受賞者

2019年度 Global Image of the Year最優秀賞受賞者の発表

著者  -
顕微鏡用デジタルカメラ

デジタルイメージングについて:よくあるご質問(FAQ)

著者  -
ゼブラフィッシュの明視野観察

1大の実体顕微鏡で観察法とコントラスト法を最適化

著者  -
緑藻類

Instagramテイクオーバー:2020年2月に人気だった顕微鏡画像

著者  -
実体顕微鏡観察法

実体顕微鏡入門:透過光観察法

著者  -
線維状生体分子複合体の反射型共焦点イメージング

スマートな反射型共焦点イメージングの方法

著者  -
生細胞蛍光イメージング

生細胞蛍光イメージングの6つの秘訣

著者  -
顕微鏡法教室で、デジタルカメラ装備の複数の正立型顕微鏡を用いて学習する実験用白衣を着た学生達。教授は、画面に拡大されたサンプル画像が映っているタブレットを持っている。

教育用顕微鏡購入の際に求めるべき6つの機能

著者  -
2020年1月の人気上位画像

今年の新画像:2020年1月の人気上位画像

著者  -
顕微鏡対物レンズの構造

対物レンズの構造

著者  -
2019年12月の人気上位画像

2019年12月に注目を集めた顕微鏡画像

著者  -
適切な顕微鏡用カメラ選びに役立つフリーツール

適切な顕微鏡用カメラ選びに役立つフリーツール

著者  -
がん研究センターのインターコンチネンタルアライアンス提供の合成写真

国境を超えた共同研究:がん研究促進に向けて医療施設が協力

著者  -
多光子顕微鏡法で撮影した生体マウス視覚野の深部イメージング

多光子観察法における深部画像イメージング向上方法

著者  -
ライトシート蛍光顕微鏡Alpha3で撮影した、透明化したゼブラフィッシュ幼虫の頭部血管と神経の染色

生命の速度で—ライトシート顕微鏡法が生体イメージングを進歩させる

著者  -
2019年11月のお気に入り画像

2019年11月に注目を集めた顕微鏡画像

著者  -
黄金比—IOTY Award受賞者

Image of the Year Award 2018スポットライト:最優秀賞受賞者のハカン・クヴァーンストレム氏が黄金比を捉える

著者  -
オリンパスのX Line 対物レンズで撮影したサンプル画像

X Line 対物レンズが2019 Laser Focus World Innovation Awardを受賞

著者  -
SLIDEVIEW VS200スライドスキャナーで取得したマッソントリクロームで染色された結腸

リサーチスライドスキャナーVS200を研究に役立てる5つの方法

著者  -
ドーパミン

Image of the Year Award 2018スポットライト:2位入賞者のカール・ギャフ氏

著者  -
植物の根に生息する細菌

2019年10月の顕微鏡画像人気トップ5

著者  -
蚊幼虫の口内ブラシ

Image of the Year Award 2018スポットライト:3位入賞のヨハン・スワンポール氏

著者  -
Image of the Year Award

オリンパス第1回Global Image of the Year Award応募受付中

著者  -
顕微鏡対物レンズ

適切な顕微鏡対物レンズ選択方法:聞くべき10の質問

著者  -
オリンパス東京のオリジナルロゴ

創造の世紀 — オリンパス ライフサイエンス事業の歩み

著者  -
オリンパスの対物レンズ

対物レンズのイマージョンオイルをきれいに落とす6つの秘訣

著者  -
カラー波長とヒトの眼

人眼の色覚に近い顕微鏡画像の取得方法

著者  -
X Line 対物レンズ

X Line 対物レンズを使用する3つの利点

著者  -
超解像顕微鏡のサンプル

超解像顕微鏡に全力投球:デコンボリューションだけで十分?

著者  -
Sorry, there currently are no posts for your location

Ask the Experts

Investigating Tumor Dissemination by Spatial Transcriptomics

ln this webinar, I will introduce our spatial transcriptomics approach to investigate predictive biomarkers in colon cancer and disease relapse. I will show an imaging-based in situ sequencing approach that enables the visualization and quantification of greater than 200 different RNA transcripts directly on formalin fixed and paraffin embedded cancer tissue.

Transforming Precision Imaging: Meet the FLUOVIEW™ FV4000 Confocal Microscope

Experts
Bülent Peker
Senior Product Marketing Manager
Evident
Join us on a transformative journey with the FLUOVIEW FV4000 confocal laser scanning microscope. This innovative platform introduces our breakthrough SilVIR™ detector technology that makes it easier than ever to acquire precise, reproducible data.

Introduction to the APEXVIEW™ APX100 Digital Imaging System

Experts
Dr. Laura Lleras Forero
Product Marketing Manager
Evident
Join our webinar for an exclusive virtual demo of the APEXVIEW APX100 digital imaging system.

How Polarized Light Can Assist Embryologists in Clinical Routines

Experts
Dr. Nuno Costa-Borges
Embryologist and Co-founder of Embryotools
In this webinar, we’ll review how polarized light can assist embryologists in different research and clinical applications.

Unveiling Nanoscopic Realms: A Journey into Super-Resolution Microscopy

Join us in this webinar as we unfurl the potential of Abbelight's super-resolution microscopy.

Multiplexing and Deep Tissue Imaging with NIR Confocal Laser Scanning Microscopy (Encore Edition)

Get another chance to learn about fluorescence multiplexing and deep tissue imaging using near-infrared (NIR) laser light in this replay of our webinar with confocal specialists Bülent Peker and Rebecca Bonfig.

Good Cell Culture Practice—How to Improve the Reproducibility of Your Experiments

Experts
Dr. Laura Lleras Forero
Product Marketing Manager
Evident
Ines Hartmann
Eppendorf SE
The life science reproducibility crisis is especially frequent in cell culture studies. In this webinar we will focus on the factors that affect reproducibility in cell culture experiments and on how to control and minimize them. The webinar will take place on June 29 at 10 a.m. EDT/4 p.m. CEST.

EVIDENT Organoid Conference 2023 - Looking Deeper, Capturing Complexities

Join us at this year's virtual Evident Organoid Conference—Looking Deeper, Capturing Complexities on February 8, 2023. Hear from industry leaders on the latest advances and applications in the field of organoids and organ-on-a-chip research. Cell biologists, microscopists, and image analysis experts will share their expertise and answer your questions.
FluidFM:核内直接送達によるCRISPR遺伝子編集への新たな手法

FluidFM:核内直接送達によるCRISPR遺伝子編集への新たな手法

Experts
このウェビナーでは、Cytosurge社のPaul Monnierさんが、遺伝子編集における最大の課題の1つである、遺伝物質の核内送達への対処方法を紹介します。Paulさんは、核膜にゆっくりと差し込んで試薬を核内に直接送達できるFluidFMナノシリンジについて説明します。

Exceptional Imaging Made Easy: Meet the APEXVIEW™ APX100 All-in-One Microscope

Experts
Atsuya Toda
Assistant Manager, Life Science Research Solutions, Global Marketing Evident
Evident
Akira Saito
Assistant Manager, Marketing and Applications
Olympus Singapore
Join this webinar to learn more about the features and capabilities of the APX100 microscope and see a live demonstration of the system.
最新のスライドスキャン:固定サンプルにおけるシングルセル表現型解析

最新のスライドスキャン:固定サンプルにおけるシングルセル表現型解析

Experts
Alec De Grand
Product Manager
Flavio Giacobone
Product Marketing Manager
4月はアースデイと2021 Image of the Year Award受賞者を祝い、さまざまな画像に評価が示されました。 人気の画像をご覧ください。

Technology Evaluation: Deciphering Cell-Cell Interactions in a 3D Microenvironment at a Single-Cell Resolution

Experts
Dr. Thomas Bauer-Jazayeri
Director of Marketing and Sales evorion biotechnologies
evorion biotechnologies
Join Thomas to learn how easily you can implement evorion’s advanced microfluidics-based CellCity System to unravel the cellular and molecular mechanisms of cell-to-cell interactions in a 3D microenvironment at a single-cell resolution. Discover Evident and evorion’s joint workflow solution that enables you to find your highly characterized specific cells of interest for high-resolution live-cell imaging using our IXplore™ microscope systems in a user-friendly manner.
3Dアッセイ:高性能なソフトウェアで洞察力に優れた分析

3Dアッセイ:高性能なソフトウェアで洞察力に優れた分析

Experts
Daniel Bemmerl
Area Manager, High-End Microscopy Systems
Shohei Imamura
プロジェクトマネージャー
3Dアッセイ:高性能なソフトウェアで洞察力に優れた分析
このウェビナーでは、スフェロイドとマイクロプレートを用いたアッセイで、高品質の統計データを取得する方法について説明します。 この統計データにより、化合物に対する3Dモデルの反応を定量化でき、濃度の違いなど、さまざまな治療の効果を簡単に比較できます。
ディープラーニング:新たなアプリケーションへの扉を開く

ディープラーニング:新たなアプリケーションへの扉を開く

Experts
Kathy Lindsley
Application Specialist, Life Science Applications
Manoel Veiga
Application Specialist, Life Science Research
Olympus Soft Imaging Solutions
ManoelとKathyのウェビナーに参加しましょう。困難な画像解析作業に取り組むために、ディープラーニングの力を解き放つ方法をご紹介します。

オリンパス・バイオイメージング・カンファレンス:新次元の探索 | 3日間のバーチャルイベント | 2022年3月9日~11日

Bioimaging is an essential tool used to image and analyze cells, tissues, and molecules in fields such as drug discovery, diagnostics, life science, and clinical research. Rapid advances in imaging technology have enabled researchers to visualize and quantify specimens in ways that were, until recently, impossible. With the advent of technologies such as super-resolution and AI-assisted imaging, researchers can now clearly observe their specimens on the nanometer scale and have access to stress-free, accurate data analysis. The objective of this virtual conference is to explore and understand recent innovations in light microscopy bioimaging technologies. Over the 3-day event, our expert speakers will discuss topics such as super-resolution microscopy, F-techniques including FRAP and FRET, and novel probes.
ライブセル超解像イメージング: 小さなものの全体像

ライブセル超解像イメージング: 小さなものの全体像

Experts
Chunsong Yan
Business Development Manager, Life Science
Olympus Australia & New Zealand
Lauren Alvarenga
Product Manager, Life Science Microscopy
Stefan Marawske
Senior Sales Specialist, High-End Life Science Systems
Olympus Europa
このウェビナーでは、オリンパスのイメージング専門家であるStefan、Lauren、Chunsongが、超解像画像をもっと簡単に作成する方法について説明します。

FV3000 Red Near-Infrared (NIR) Solutions for Confocal Microscopy | 2 p.m.

Experts
James Lopez
National Applications Manager
Olympus America Inc.
In this webinar, Dr. Lopez presents the latest advances in near-infrared (NIR) confocal imaging with the Olympus FV3000 Red confocal laser scanning microscope. NIR imaging provides new opportunities for deeper imaging, more complex multiplexing, and gentler live cell imaging. Tune in to learn more about our FV3000 Red system’s unique technology providing novel NIR imaging capabilities.

FV3000 Red Near-Infrared (NIR) Solutions for Confocal Microscopy | 10 a.m.

Experts
James Lopez
National Applications Manager
Olympus America Inc.
In this webinar, Dr. Lopez presents the latest advances in near-infrared (NIR) confocal imaging with the Olympus FV3000 Red confocal laser scanning microscope. NIR imaging provides new opportunities for deeper imaging, more complex multiplexing, and gentler live cell imaging. Tune in to learn more about our FV3000 Red system’s unique technology providing novel NIR imaging capabilities.
オリンパス・ディスカバリー・サミット

オリンパス・ディスカバリー・サミット:イメージング力を高めよう | 2021年10月26~27日

During two full days of virtual presentations, join your peers as they discuss the ways they are using imaging techniques to advance their research. You can also attend live product demos and tech talks from Olympus experts.

Olympus Organoid Conference 2021

During the Olympus Organoid Conference, cell biologists, microscopists, and image analysis experts shared their insights and answered questions on the latest developments in organoid technologies.

顕微鏡対物レンズ:魔法が起こる場所

Experts
Klaus Willeke
Product Marketing Manager
Lauren Alvarenga
Product Manager, Life Science Microscopy
このウェビナーでは、LaurenとKlausが顕微鏡などの複雑なシステムにおける優れた光学製品の重要性にクローズアップしていきます。 最終的な画質にとって重要なさまざまな要素について説明します。
ハイコンテントスクリーニング:カスタム解析を簡単に

ハイコンテントスクリーニング:カスタム解析を簡単に

Experts
Manoel Veiga
Application Specialist, Life Science Research
Olympus Soft Imaging Solutions
Shohei Imamura
プロジェクトマネージャー
このウェビナーでは、ディープラーニングとハイコンテントスクリーニング分野の当社専門家であるManoelと尚平が、scanRシステムのアッセイビルダーを紹介します。 scanRシステムは、独自のサンプルナビゲーション方法と、フローサイトメトリーから発想を得た解析を特長とする、オリンパスのハイコンテントスクリーニング専用プラットフォームです。

患者由来のオルガノイドとスフェロイドの三次元高スループット画像解析

Experts
Hiroya Ishihara
Applications Scientist
Olympus Technologies Asia, Olympus Corporation
オルガノイドとスフェロイドがin vivo条件を忠実に再現できる一方で、イメージングに基づく解析では、高い空間分解能により細胞固有の反応をモニタリングできます。 オリンパスでは患者由来のがんのオルガノイドとスフェロイドを使用して、イメージングに基づく三次元解析および医薬品評価方法を開発しています。

デジタル画像処理パート2:先進の画像処理フィルター

Experts
Heiko Gäthje
Senior Trainer, Training Academy
Olympus Europa
このトピックについてお届けした最初のウェビナーでは、光学顕微鏡で取得した画像がサンプルを完全に表すものではないことを学びました。 誤差の原因は常に存在し、誤差を最小限に抑えることしかできないので、多くの場合は最終的な画像解析の前に、イメージング実験のローデータに何らかのデジタル画像処理を施す必要があります。
複数の細胞内構造体に対するナノスケールの3Dイメージング

複数の細胞内構造体に対するナノスケールの3Dイメージング

Experts
Dr. Nicolas Bourg
Chief Technical Officer and Co-Founder of Abbelight
Abbelight社の 共同設立者、Nicolas Bourg博士のウェビナーにご参加ください。サンプルの単一分子画像を、高品質で信頼性が高く分かりやすい15 nm分解能の3Dイメージングで速く簡単に取得する方法をご説明します。

Whole-Brain Functional Calcium Imaging Using Light Sheet Microscopy

Experts
Ruben Portugues
Institute of Neuroscience
Technical University of Munich
Light sheet microscopy is a powerful technique to perform fast volumetric imaging. I will talk about how we use it to investigate how the brain of a small vertebrate, the larval zebrafish, works. In our laboratory at the Technical University of Munich, we are interested in how the brain processes external sensory stimuli and uses internal states and past experiences to select appropriate behavior. In order to do this, we image the activity of almost all 100,000 neurons in the brain of larval zebrafish while we present the animals with stimuli and monitor their behavior. I will also discuss the data processing steps after acquiring these large datasets.

Product Demo: SLIDEVIEW™ VS200 Research Slide Scanner

Experts
Wei Juan Wong
Senior Product Specialist at Olympus Singapore
Olympus Soft Imaging Solutions
In this product demo you will learn how to capture high-resolution images of your slides for quantitative analysis, enabling you to make the most of the information your slides have to offer. Easily analyze, share, and archive your data with the SLIDEVIEW VS200 digital slide scanner. Join this session and learn how to achieve more in less lead time.

Product Demo: SLIDEVIEW™ VS200 Research Slide Scanner

Experts
Chunsong Yan
Business Development Manager, Life Science
Olympus Australia & New Zealand
Tong Wu
Business Development Manager
Olympus Australia New Zealand
The Olympus SLIDEVIEW VS200 research slide scanner captures high-quality virtual slide images and enables advanced quantitative image analysis. Reliable virtual slide data can be acquired with as few as two clicks. Highly versatile, the SLIDEVIEW VS200 slide scanner supports five observation methods and a wide range of sample sizes for use in various applications. Its automatic slide loader accommodates many slide glasses, helping increase experiment efficiency.

The Use of Multiplexing in Microscopy for Better Understanding the Skin Immune System in the Context of the Tissue

Experts
Alfonso J. Schmidt
Senior Staff Scientist
Malaghan Institute of Medical Research
The skin is the first line of defense and the immune system’s biggest barrier for combating pathogens. Being able to accurately characterize and identify immune cell subtypes, tissues structures, and cell distribution in the skin under steady-state conditions provides a powerful tool for understanding the first immunological strategies and biological processes that occur in the presence of pathogens. In this webinar we will review technical aspects involved in the experimental process and explore how complementary imaging technologies might assist us to better understand the immune system. The presentation is divided into three parts. First, an introduction of the Hugh Green Cytometry Centre will be presented and an overview of the histology and bioimaging technological platforms available. Second, the multiplexing methodology will be discussed, where several topics need to be considered for the design and development of a successful polychromatic panel for microscopy. Finally, preliminary results from a research project will be presented that constitutes part of a diploma program from The Royal Microscopical Society. The project focuses on the identification of immune cell types in the whole mount skin in relation to tissues structures (e.g., blood vessels and lymphatic network). It also centers on the immune cells’ distribution in the tissue as a first barrier of defense against pathogens.

Recent Advances in 3D Imaging and AI-Driven Data Analysis

Experts
Seungil Kim
Staff Scientist
Ellison Institute for Transformative Medicine at the University of Southern California
This presentation will highlight various imaging techniques for 3D models, immunostaining with tissue clearing, and live imaging of organoids as well as AI-driven data analysis for high-content imaging and screening.

Now You Have the Power to See More

Experts
Sandrine Roy
Business Development Manager
Olympus Australia & New Zealand
The Olympus VS200 digital slide scanner has been very well received since its release in March 2020. With a reliable, flexible, and customizable design, the system has been adopted by various industries including research, geology, and many others. View this session to find out more and see examples of samples scanned using this popular addition to the Olympus product range.

Metabolic Imaging in Langerhans Human Islets with MPE and FLIM

Experts
Francesco Cardarelli
Associate Professor in Applied Physics
Scuola Normale Superiore of Pisa
Capturing life (mis)regulation at the nanoscale is a crucial challenge for present and future biophysics. At this scale, the main actors are the molecules. To successfully tackle molecular behavior within living matter, optical microscopy is a valuable methodological platform: by using fluorescence as the signal, spatial and temporal details of molecular processes can be investigated quantitatively. The physiopathology of beta-cell response to glucose stimulation will be used as case study of biological/biomedical interest. The metabolic traits of beta cells will be highlighted using a straightforward combination of multiphoton microscopy, fluorescence lifetime imaging, and feedback-based orbital tracking of sub-cellular nanostructures.

Product Demo: IXplore™ SpinSR Confocal Super Resolution System

Experts
Stefan Marawske
Senior Sales Specialist, High-End Life Science Systems
Olympus Europa
In this live demo, experience the IXplore SpinSR system, designed for fast 3D super resolution imaging and prolonged cell viability in time-lapse experiments. The microscope system offers XY resolution down to 120 nm without the need for dedicated labeling procedures. Learn how to easily integrate the IXplore SpinSR microscope system into existing experiments and sample protocols to streamline your research.

In-Vivo Tracking of Harmonic Nanoparticles by Means of a TIGER Widefield Microscope

Experts
Laura Vittadello
Department of Physics and Center of Cellular Nanoanalytics
Osnabrück University
In-vivo tracking based on harmonic nanoparticles is so far not exploited because of a lack of an appropriate tool—a widefield nonlinear optical microscope. Here, we present a new approach to overcome this challenge based on a redesign of laser space parameters.

Hyperspectral and Brightfield Imaging Combined with Deep Learning Uncover Hidden Regularities of Colors and Patterns in Cells and Tissues

Experts
Ewa Goldys
Deputy Director
Australian Research Council Centre of Excellence in Nanoscale Biophotonics
The Australian Research Council Centre of Excellence for Nanoscale Biophotonics draws on key advances of the 21st century, nanoscience, and photonics to help understand life at the molecular level. In this presentation, next-generation technologies developed in our Centre for probing, imaging, and interacting with the living systems will be discussed. These address the key challenges of ultrasensitive detection of key analytes in real complex environments and molecular complexity, and they support both novel therapies and diagnostics.

Product Demo: FLUOVIEW™ FV3000 Confocal Laser Scanning Microscope

Experts
James Lopez
National Applications Manager
Olympus America Inc.
Join James Lopez, PhD, National Applications Manager to see how the FV3000 confocal laser microscope can expand your research possibilities and help you get more data from your samples.

Product Demo: FLUOVIEW™ FV3000 Confocal Laser Scanning Microscope

Experts
Bülent Peker
Senior Product Marketing Manager
Evident
Join Bülent Peker, Senior Product Marketing Manager to see how the FV3000 confocal laser microscope can expand your research possibilities and help you get more data from your samples.

Evolution of Scientific Digital Imaging Technologies and their Applications

Experts
Lin Guo
Manager, Product and Application Life Science Department Scientific Solutions Business Division
Olympus Singapore
In this talk, Dr. Lin covers some critical facts about scientific digital cameras. He also discusses the evolution of these cameras, the solutions that Olympus offers, and how they are used in current advanced microscopy systems for various applications.

Deep Learning Approaches to Automated Phenotypic Profiling

Experts
Jesse Chao
Scientist
Sunnybrook Research Institute
Quantifying cellular phenotypes is the key to all cell biology studies. However, modern imaging techniques can easily generate more data than an average user can comfortably handle. In this presentation, Dr. Chao discusses two deep learning approaches, one semi-supervised and one supervised, for building image analysis pipelines. Either approach can be run on a free cloud GPU instance.

Deconvolution of 3D Image Stacks

Experts
Heiko Gäthje
Senior Trainer, Training Academy
Olympus Europa
Images taken with a light microscope are never true representations of the specimen. Error sources, which have to be controlled, are sample preparation and staining protocols as well as optical aberrations and limitations of microscope and digital camera.

Confocal Microscopy and Its Use for a Spaceflight Experiment

Experts
Bob McLean
Regents’ Professor
Texas State University
Spaceflight experiments represent a rare but exciting scientific opportunity. Unlike most lab experiments, in which protocols can be quickly modified, limitations on crew time and availability of supplies are notable factors. Unanticipated changes to launch and reentry schedules are also an issue. The experimental apparatus and protocols used must be able to function in a microgravity setting, while also resisting the g-forces and vibrations during launch and landing. During this presentation, Dr. McLean will go over the experimental planning and use of confocal and electron microscopy approaches and analyses during a recent spaceflight experiment that flew on Space X-21 from 12/6/20 – 1/14/21.

Accelerating Image Analysis with TruAI™ Deep Learning Technology

Experts
Manoel Veiga
Application Specialist, Life Science Research
Olympus Soft Imaging Solutions
In this tech talk, through a collection of examples measured with our live cell imaging systems, high-content screening station, and whole slide scanner, you will see what TruAI technology can do for your research and get a preview of what is coming next.

A New Way of Thinking—Object Detection with Deep Learning

Experts
Akira Saito
Assistant Manager, Marketing and Applications
Olympus Singapore
In this session, we will discuss object segmentation with deep learning and its applications in life science. We will also demo Olympus deep-learning software.

ICSI - How to improve your technique

Experts
Dr. Nuno Costa-Borges
Embryologist and Co-founder of Embryotools
In this webinar, expert embryologist Nuno Costa-Borges will discuss how current success rates of intracytoplasmic sperm injection (ICSI) vary - and explore how labs can optimize, evaluate and standardize to provide the best possible quality of treatment.
NoviSight™ Demonstration: 3D Image Analysis and Statistical Software for Organoids and Spheroids

NoviSight™ Demonstration: 3D Image Analysis and Statistical Software for Organoids and Spheroids

Experts
Hiroya Ishihara
Applications Scientist
Olympus Technologies Asia, Olympus Corporation
Three-dimensional cell culture models such as patient-derived organoids (PDO) and spheroids have increased in popularity because they can provide a 3D microenvironment that more closely reproduces in vivo conditions compared to 2D monolayer culture. Phenotypic and functional heterogeneity arise among cancer cells within the same tumor because of genetic change, environmental differences and reversible changes in cell properties. Therefore, evaluation of cell-specific responses is important for accurate prediction of drug efficacy and kinetics in vivo.
Study the Function of Stromal Cells through Intestinal Organoid Co-Culture Technology

Study the Function of Stromal Cells through Intestinal Organoid Co-Culture Technology

Experts
Dr. Ningbo Wu
Associate Professor
Shanghai Institute of Immunology, Shanghai Jiao Tong University School of Medicine
For a long period of time, intestinal mesenchymal stromal cells have been considered as a relatively simple and homogeneous group of cells. With the help of single cell transcriptomics studies, it has now been clear that these cells are quite complex and heterogeneous. However, the detailed cellular and molecular mechanisms that regulate the function of these cells remains poorly understood. Therefore, the ability to perturb and evaluate the function of these stromal cells is critical to the understanding of intestinal stem cell niche and the etiology of the inflammatory bowel diseases and colitis associated colorectal cancer.
An In Vitro System for Evaluating Anticancer Drugs Using Patient-Derived Tumor Organoids

An In Vitro System for Evaluating Anticancer Drugs Using Patient-Derived Tumor Organoids

Experts
Dr. Motoki Takagi
Professor
Medical-Industrial Translational Research Center, Fukushima Medical University
Patient-derived tumor organoids (PDOs) represent a promising preclinical cancer model that better replicates disease, compared with traditional cell culture models. We have established a novel series of patient-derived tumor organoids (PDOs) from various types of tumor tissues from the Fukushima Translational Research Project, which are designated as Fukushima (F)-PDOs. F-PDOs could be cultured for >6 months and formed cell clusters with similar morphologies to their source tumors. Comparative histological and comprehensive gene-expression analyses also demonstrated that the characteristics of PDOs were similar to those of their source tumors, even following long-term expansion in culture. In addition, suitable high-throughput assay systems were constructed for each F-PDO in 96- and 384-well plate formats.
3D Segmentation for Fluorescence Images: From Qualitative to Quantitative

3D Segmentation for Fluorescence Images: From Qualitative to Quantitative

Experts
Dr. Yu Weimiao
Head of Computational & Molecular Pathology Lab (CMPL) Agency of Science
Technology and Research
Cells are 3D functional elements in biology science and they are actively moving to perform their functions. Collective cell migration is appreciated as an important model for the understanding of the mechanism governing the cell movement in Vivo and in Vitro. It is a highly kinetic process involved in immune response, wound healing, tissue development and cancer metastasis. Recent decades have seen the fast development of various optical imaging techniques with excellent spatial-temporal resolution, dimensionality and scale. The generation of novel probes have also allowed us to acquire the movies of migrating cells with specific proteins/molecules. However, we lack of advanced solution to analyse such high-content and highly dynamic images/videos.
Prostate Cell Lineage Hierarchy and Plasticity

Prostate Cell Lineage Hierarchy and Plasticity

Experts
Dr. Dong Gao
Principal Investigator
Shanghai Institute of Biochemistry and Cell Biology, Chinese Academy of Sciences
Prostate cancer is one of the most common cancers worldwide and also the second leading cause of cancer-related death in males in Western countries. Although the majority of human primary prostate cancers have a luminal phenotype, both basal cells and luminal cells can serve as cellular origins of prostate cancer in model systems. However, the stem cell-like plasticity of defined prostate epithelial cells and the cellular origin of prostate cancer under physiological conditions have not been identified. Recently, prostate basal and luminal cell populations were both shown to be self-sustaining, and both cell types could initiate prostate cancer. However, the oncogenic transformation of basal cells requires basal to luminal cell transition. In addition, luminal cells were shown to have greater tendency to be the cells of origin for prostate cancer in some contexts.
Investigating Spheroid Architecture Using the FV3000 Confocal Microscope

Investigating Spheroid Architecture Using the FV3000 Confocal Microscope

Experts
Ms. Gency Gunasingh
Research Assistant
The University of Queensland Diamantina Institute
Phenotypic tumour heterogeneity arising due to differentially cycling cell populations has been implicated in increased therapy resistance. This phenomenon cannot be assessed in adherent cell culture, where microenvironmental conditions are homogeneous. Thus, we utilise melanoma spheroids to model the 3D tumour microenvironment including the extracellular matrix (ECM) and study spheroid structure, necrotic region, individual cell arrangement within and gene expression patterns. We achieve this by exploiting the fluorescence ubiquitination cell cycle indicator (FUCCI) system to monitor cell cycle stages as a surrogate marker for phenotypic tumour heterogeneity, tissue clearing and confocal microscopy using FV3000.
Advances in 3D Optical Imaging Technologies: An Overview

Advances in 3D Optical Imaging Technologies: An Overview

Experts
Mr. Srivats Hariharan
Manager, Applications and Marketing
Olympus Singapore
With rapid development in fluorescent proteins, synthetic fluorochromes, and digital imaging, advanced 3D imaging technologies are now available to investigators to provide critical insights into the fundamental nature of cellular and tissue functions. 3D and 4D imaging systems have become very common tools among biologists. However, there are several technical challenges and limitations in performing successful 3D and 4D imaging. Olympus has developed a wide range of 3D imaging microscopes to overcome these challenges and to satisfy the requirements of researchers across different disciplines.
3D Microscopy: Understanding the Give and Take on Instrument Performance to Enable Informed Decisions

3D Microscopy: Understanding the Give and Take on Instrument Performance to Enable Informed Decisions

Experts
Dr. Graham Wright
Acting Director
Research Support Centre (RSC), A*STAR, Singapore
Biologists have a significant toolbox at their disposal when it comes to microscopically imaging 3D samples, such as organoids. From widefield microscopy to confocal, superresolution, multiphoton and lightsheet, each have their own set of pros and cons that must be carefully considered before making an informed choice on the most suitable to address your biological question. Often a correlative approach is required, applying several techniques to address the question from different perspectives. It is also crucial to consider the method of sample preparation and optimise each of the potential steps which can include fixation, permeabilisation, labelling and mounting. Further, the images generated by all techniques can be enhanced with post-processing techniques, such as deconvolution, which can enable or help to improve subsequent image analysis and interpretation.
Tissue Optical Clearing Imaging: From In Vitro to In Vivo

Tissue Optical Clearing Imaging: From In Vitro to In Vivo

Experts
Dr. Dan Zhu
Professor
Wuhan National Laboratory for Optoelectronics, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, China
Biomedical optical Imaging, as a powerful tool has been applied for observing biomedical tissue structural and functional information with high resolution and contrast unattainable by any other method. However, the high scattering of turbid biological tissues limits the penetration of light, leading to strongly decreased imaging resolution and contrast as light propagates deeper into the tissue. Fortunately, novel tissue optical clearing technique provide a way for reducing the scattering of tissue and improving the optical imaging quality. This presentation will introduce our progress from in vitro and in vivo of tissue optical clearing imaging, including developing in vitro optical clearing methods, such as FDISCO and MACS. Meanwhile, we will also demonstrate in vivo skull/skin optical clearing window for imaging structural and functional of cutaneous / cortical vascular and cells, also manipulating cortical vasculature.
Utilizing Tumoroids to Explore Anti-Tumor Immunity in Rectal Cancer

Utilizing Tumoroids to Explore Anti-Tumor Immunity in Rectal Cancer

Experts
Dr. Kasmira Wilson
Researcher
Peter MacCallum Cancer Foundation
Globally colorectal cancer is a significant public health burden. It is the third most commonly diagnosed cancer and fourth leading cause of cancer related deaths in the world. A subset of patients diagnosed with rectal cancer require neoadjuvant chemoradiotherapy (NACRT) prior to surgery. However, there is a spectrum of response to this therapy with only 10-20% of patients achieving a complete pathological response. In addition, 20-40% of patients will demonstrate no response to this treatment. There is currently no method that predicts how a patient will respond to NACRT accurately. In order to investigate the mechanisms underpinning how patients respond to therapy, patient derived tumouroids have been utilised. These personalised in vitro three-dimensional tumour models recapitulate the in vivo tumour of origin genotypically. The Ramsay laboratory (Peter MacCallum, Melbourne) has successfully co-cultured patient-matched rectal cancer tumouroids with tumour infiltrating lymphocytes (TILS) in a novel in vitro assay, preliminary data generated suggests this assay has the ability to predict the response of a patient to treatment with NACRT prior to instigation of neo-adjuvant therapy. This assay provides a pre-clinical platform that encapsulates the hosts immune response toward their tumour. However, manual analysis of the data generated from this assay is time consuming and limits the clinical utility of this platform. Machine-based learning to develop artificial neural networks capable of analysing data produced from the killing assay has been developed to automate analysis. Automated analysis utilising artificial neural networks is a feasible approach to expedite the processing of data generated from the cytotoxic killing assays and will improve the clinical utility of this platform to direct personalised patient therapy.
Converting from 2D to 3D: Bio-Techne Solutions for Your 3D Culture

Converting from 2D to 3D: Bio-Techne Solutions for Your 3D Culture

Experts
Dr. Xiaotong Cui
Field Application Specialist
Bio-Techne
Organoid and three-dimensional (3D) cell culture are emerging as pivotal systems for understanding human organ development, modeling disease, screening for drug efficacy or toxicity, and investigating personalized medicine. Usually they are derived from primary tissue, embryonic stem cells (ESCs), or induced pluripotent stem cells (iPSCs), which are capable of self-renewal and differentiation.

Culture and Quantitative 3D Imaging of Organoids: Challenges and Solutions

Experts
Dr. Anne Beghin
Assistant Professor, Research Mechanobiology Institute
National University of Singapore
Turning organoids into impactful translational models includes being able to culture them and assess those that develop robustly with physiologically relevant architecture. However, quantitative comparisons and statistical analysis at high content, which are mandatory to describe the complexity of such multicellular 3D objects are not possible owing to the lack of high-throughput 3D imaging methods. We have thus engineered a versatile High Content Screening (HCS) device to streamline all the steps of organoid culture to exploit its potential in morphogenesis understanding. Our approach comprises a new generation of versatile scaffolding cell culture multiwell chips with embedded optical components (= lighting JeWells) that enables rapid 3D imaging.

A Smarter Approach to Culturing and Nurturing Your Cells

Experts
Shogo Usui
Product Leader
In this webinar, expert Shogo Usui will discuss the current challenges in cell culture techniques and explore how the CM20 system can accelerate your research with an improved cell culture process.

Modern Slide Scanning: Single-cell Phenotyping on Fixed Samples (Encore Edition)

Experts
Flavio Giacobone
Product Marketing Manager
Alec De Grand
Product Manager
Angela Vasaturo
Senior Field Application Scientist, Ultivue, Inc.
Get another chance to learn about the latest generation of slide scanners on November 18, when we replay our webinar with our Olympus experts Flavio and Alec. In this webinar, our experts will discuss how modern slide scanners can be a workhorse for your applications and how multiplexing can reveal much more information from a slide. With a guest expert from Ultivue, you’ll learn how single-cell phenotyping can dramatically improve the understanding of the dynamics in a sample, even if it is a fixed slide.

To the Diffraction Limit and Beyond: The Nanoscale Organization of Axo-Axonic Synapses | 2 p.m.

Experts
Benjamin Compans, Ph.D.
Marie Curie Research Fellow
Here we use super-resolution microscopy to decipher the precise molecular organization of axo-axonic synapses and its modifications during activity-dependent forms of plasticity.

To the Diffraction Limit and Beyond: The Nanoscale Organization of Axo-Axonic Synapses | 10 a.m.

Experts
Benjamin Compans, Ph.D.
Marie Curie Research Fellow
Here we use super-resolution microscopy to decipher the precise molecular organization of axo-axonic synapses and its modifications during activity-dependent forms of plasticity.

Light Sheet Microscopy – New multi-resolution and -color imaging methods

Experts
Irina Rakotoson
Life Science Product Manager
Join Irina to discover an easy and effective method to obtain perfect multi-color, multi-resolution imaging in Light Sheet Microscopy (LSM) for 3D fluorescence imaging. In this webinar you’ll learn about the challenges of multi-color channel acquisition in LSM and how to correct chromatic shifts for clean and crisp images.
Olympus Organoid Conference: Think Deep, See Deeper | 3-Day Virtual Event | September 7-9, 2021

Olympus Organoid Conference: Think Deep, See Deeper | 3-Day Virtual Event | September 7-9, 2021

From 7 – 9 September, learn from Olympus microscope users and technology partners on how they can support your scientific research. Cell Biologists, Microscopists and Image analysis experts will share their experiences and answer your questions.

Create a Smarter Cell Culture Workflow

Experts
Joanna Hawryluk
Product Manager
In this webinar, expert Joanna Hawryluk explores how the OLYMPUS Provi™ CM20 incubation monitoring system can help improve the health and stability of cell cultures through machine learning. With the aid of AI, the CM20 monitor automatically measures cell conditions using constant analysis parameters to provide quantitative data—all while your cultures remain safely in the incubator.

Digital Image Processing: Point and Local Operation Filters (Encore Edition)

Experts
Heiko Gäthje
Senior Trainer, Training Academy
Olympus Europa
Want to get a better understanding of digital image processing techniques? Then watch our Ask the Experts webinar rerun on July 29, where we discuss how point and local operation filters can be used to control sources of error such as noise or low contrast in microscopy images. As well as exploring the mathematics behind image processing techniques such as segmentation, extraction and thresholding, our expert Heiko will also discuss the ethics of image processing – helping you judge whether specific techniques are allowed.
Depth Matters: Transforming Biology for More Realistic and Meaningful Pursuits

Depth Matters: Transforming Biology for More Realistic and Meaningful Pursuits

Experts
Dr. Gowri Balachander
Research Fellow, Translation Mechanobiology lab, National University of Singapore
Improvements to in vitro three-dimensional (3D) models are making them increasingly better at mimicking in vivo-like cellular behavior. Every tissue presents a distinct microenvironment with a unique blend of biochemical and biophysical components that dictate cellular behavior. Recreation of critical features of tissues that nurtures recapitulation of in vivo-like cellular behavior is the essence of an effective 3D model. In this webinar, through specific examples of 3D models for tissue development and cancer, we will revisit the fundamental principles of designing 3D models that can effectively recapitulate critical features of the tissues in vitro and applications of such models in mechanistic studies and drug testing. Our work also highlights the importance of 3D imaging systems, such as laser scanning confocal microscopes, which are necessary for such work.

Microscope Objectives—Where the Magic Happens (Encore Edition)

Experts
Klaus Willeke
Product Marketing Manager
Lauren Alvarenga
Product Manager, Life Science Microscopy
Get another chance to learn about cutting-edge microscope technology on July 8th, when we replay our webinar with Olympus microscope experts Lauren and Klaus. In this webinar, the experts will discuss how objectives affect image quality and highlight why good optics are so important in complex microscope systems. The webinar also covers how progress in lens manufacturing technology is transforming the capability of advanced microscopy systems, and explores how versatile new lenses are enhancing applications including whole slide imaging, super resolution systems, and laser scanning microscopy.
Olympus Discovery Summit—Looking Forward: A New Era of Research

Olympus Discovery Summit—Looking Forward: A New Era of Research

The Olympus Discovery Summit, held in April, featured microscopists and imaging experts sharing about advances in technology and research. Experience or relive this free three-day virtual event by watching the webinars on demand. Hear from your peers and learn about topics, including best practices for a post-pandemic workplace, emerging technologies, next-generation models for research, and more!
ICSI—Past, Present & Future

ICSI—Past, Present & Future

Experts
Dr. Hrishikesh Pai
Medical Director, Bloom IVF Group
In this webinar, Dr. Pai will be sharing on what’s new in the management of male infertility with special focus on Intra Cytoplasmic Sperm Injection (ICSI). He will be describing the latest diagnostic modalities in male infertility especially sperm DNA fragmentation, genetic testing, cryotozoospermia and microsurgical TESA in cases of non-instructive azoospermia.

Microscope Objectives—Where the Magic Happens

Experts
Ganesh Kadasoor
Application Specialist at Olympus Medical Systems India Ltd
Wei Juan Wong
Senior Product Specialist at Olympus Singapore
Olympus Soft Imaging Solutions
In this webinar, Olympus microscope experts Ganesh and Wei Juan discuss the importance of good optics in a complex microscope system and what optical features are important for high final image quality.
Think Deep, See Deeper with Near-Infrared Laser Scanning Confocal Microscope

Think Deep, See Deeper with Near-Infrared Laser Scanning Confocal Microscope

Experts
Chunsong Yan
Business Development Manager, Life Science
Olympus Australia & New Zealand
Srivats Hariharan
Manager, Product and Application at Olympus Singapore
If you’re interested in having more fluorescent markers in your sample, imaging deeper into your sample at high resolution, and conducting live cell imaging with minimal phototoxicity, check out this on-demand webinar from Olympus imaging experts.
Digital Image Processing: Point and Local Operation Filters

Digital Image Processing: Point and Local Operation Filters

Experts
Heiko Gäthje
Senior Trainer, Training Academy
Olympus Europa
Takeo Ogama
シニアプロダクト・戦略プランナー、カメラプロダクトマネージャー
Images captured with a light microscope are never true representations of the specimen; there are always sources of error that must be controlled. In this webinar, we will discuss how these sources of error can be managed.
Light Sheet Microscopy for Deeper Insight into Life

Light Sheet Microscopy for Deeper Insight into Life

Experts
Irina Rakotoson
Life Science Product Manager
In this webinar, you’ll learn how the Alpha3 light sheet microscope combines very thin optical sectioning and high-quality Olympus optics for high-resolution 3D imaging of both live and fixed biological samples.
Multiplexing and Deep Tissue Imaging with Near-Infrared Confocal Laser Scanning Microscopy

Multiplexing and Deep Tissue Imaging with Near-Infrared Confocal Laser Scanning Microscopy

Experts
Bülent Peker
Senior Product Marketing Manager
Evident
Rebecca Bonfig
Product Manager, Confocal Microscopy
In this webinar, you’ll learn about fluorescence multiplexing and deep tissue imaging using near-infrared (NIR) laser light.
InSight Blog Sign-up
You will be unable to submit the form unless you turn your javascript on.

By clicking subscribe you are agreeing to our privacy policy which can be found here.

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。

このページはお住まいの地域ではご覧いただくことはできません。